月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

木村文子が久々実戦「楽しめた」引退については否定も「集大成に向けて」/JAG大崎


◇2021 Japan Athlete Games in Osaki(2月28日/鹿児島県大崎町)

鹿児島県大崎町にあるジャパンアスリートトレーニングセンター大隅の室内競技場で2021 Japan Athlete Games in Osakiが行われ、100mハードルでロンドン五輪代表の木村文子(エディオン)が、100mと100mハードルの予選に1本ずつ出場。100mは12秒19、100mハードルは13秒57だった。

昨年はコロナ禍、東京五輪延期もあり、9月に地元・広島での記録会に2試合出場したのみ。本格的には2019年のドーハ世界選手権以来となるだけに、「久しぶりの試合はやっぱり楽しいですね! 純粋に楽しめました」と笑顔を見せる。1年間、ほぼ試合に出なかったのは「東京五輪が延期したこともあり、作ってきたもの、気持ちを使い切ってしまうのはもったいない」という判断から。当然、「不安はあった」と心境を明かす。

それでも、自粛期間中から地元で坂道や河川敷を走ることも増え、走れることの楽しさ、当たり前だったことのありがたさを実感。高校生たちとも練習をともにし、「世界に出ているどうこうは関係なくて、走る場所があるから走る。これが原点だな」と改めて思い出すことができた。長い間、女子ハードル界を牽引し、いつしか記録や結果だけを求めること、求められることがウエイトを占め、19年の日本選手権を勝った時は「うれしさよりも、ホッとしたほうが大きかった」。それから自問自答するようになり、「やっていて楽しくないなら、辞めたほうがいいのかな」と思うようになった。コロナ禍があったから、さまざまなことや、支えてくれる人々について感じることができた。だからこそ、試合を「走らない」決断をした。

昨年10月からは広島大大学院に進学。「セカンドキャリアを考えて」だという。そこには「これまで特に女子選手で、私よりも才能のある選手たちが辞めてしまう場面を見てきました。もったいないなって。少しでもそういう人たちのサポートができるように、指導面に限らず、いろいろな選択肢のために」という思いもある。

一部報道では2021年で引退と出ていたが「引退という表現はしていないです」と笑って否定する。もちろん、その時が近づいているのは自身でもわかっている。「集大成という思いでやっています。自分の理想とする走りを完成させたい。パズルのピースをはめこんでいく感じで、考えてきたものを作り上げます」。日本記録が塗り変わり、若手が台頭しようとも「それが世界では当たり前のこと」と木村。意識したり、特別視したりすることなく、木村自身が歩いてきたこれまでの道を信じ、最後のピースを見つける作業に取りかかる。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com