月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

棒高跳で好記録!ライトフット6m フィリピン・オビエナが5m86 ベラルーシの16歳5m60のU18室内世界新

世界各地で棒高跳の好記録が相次いでいる。

米国で行われた室内競技会で、K.ライトフット(米国)が自身初の大台となる6m00と跳び、NCAA室内記録を更新した。ライトフットは今年に入り5m94の自己新を跳ぶと、5m95、6m00と3度自己記録を更新している。

また、ポーランドで開催された室内競技会で、E.J.オビエナ(フィリピン)が5m86をクリアした。この記録は室内アジア歴代3位の好記録だった。

2月13日に行われた室内競技会で、M.ヴォルコフ(ベラルーシ)が5m60をクリア。2004年生まれの16歳で、この記録はU18世界新記録。従来のU18室内世界記録は5m54で、屋外は5m56だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com