月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

800m世界王者ブレイジャーが室内米国新1分44秒21 ミラー・ウイボが400m50秒21

2月14日、世界陸連室内ツアー・ゴールドラベルの競技会が米国・ニューヨークで開催された。

男子800mでは2019年ドーハ世界選手権覇者のD.ブレイジャー(米国)が1分44秒21の今季世界最高で優勝。室内世界歴代4位タイで、米国記録・エリアレコードを更新した。
女子400mはS.ミラー・ウイボ(バハマ)がV。50秒21の今季世界最高、室内世界歴代8位タイをマークし、こちらもエリアレコードを更新した。ミラー・ウイボは16年リオ五輪の金メダリストの26歳。

女子100mハードルの世界記録保持者で19年ドーハ世界選手権銀メダリストのK.ハリソン(米国)は女子60mハードルで7秒82の今季世界最高で優勝。男子走高跳は96年生のT.カルバー(米国)が自己タイの2m33で今季世界最高をマークした。19年ドーハ世界選手権金メダリストのN.ライルズ(米国)は男子200mに出場し20秒80だった。また、好調のT.ブロメル(米国)が男子60mを6秒50で優勝した。

タグ:


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com