月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

マラソン界のホープ吉田祐也インタビュー「準備と努力で少しでも可能性を広げる」


 1年前の別府大分毎日マラソンで、当時・青学大4年だった吉田祐也(現・GMOインターネットグループ)が、初マラソン日本歴代2位となる2時間8分30秒で日本人トップの3位に入った。競技引退を決め手いたものの、この結果もあり翻意。内定が決まっていた大手菓子メーカー「ブルボン」側も快く承諾してくれたことで、競技継続が決まった。

 吉田にとって“転機”となった別府大分毎日マラソンは、今年は残念ながらコロナ禍により延期となった。それを受け、特別番組「ティモンディのやればできる!42.195~別府大分毎日マラソン特別編~」(RKB)の放送が決定し、ゲストとして吉田、青学大・原晋監督、そして「引退撤回」を進言した一人である瀬古利彦・日本陸連マラソンリーダーが収録に参加。収録後、吉田にインタビューし、改めて福岡国際マラソンまでの取り組みなどを聞いた。

スピードを磨きながらマラソン練習

――別府大分毎日マラソンから1年が経ちました。その時は競技を辞める予定だったのですよね。

吉田 フィニッシュした段階でも白紙の状態で、競技を続けることはまったく考えていませんでした。

――レース後の会見場で、瀬古利彦氏に引退撤回しないか、と声をかけられています。

吉田 マラソンの強化担当のリーダーですから、「続けてくれ」とおっしゃるだろうな、と思いました。ただ、本当にその時点では続けるとは思っていませんでした。

――その後、一転して競技を続けることになり、12月の福岡国際マラソンでは見事に優勝されました。反響は別府大分の時と比べてどうですか。

吉田 福岡では箱根駅伝や青学大の選手、という“看板”を抜きにして結果を出せました。「本物だったね」という印象があったと思います。何より優勝したということに価値があると思います。

――2020年シーズンは、5000m13分36秒86、10000m28分19秒07と、いずれも自己ベストを更新。どのような取り組みでしたか。

吉田 日本選手権の参加標準記録を突破するというのがベースだと考えました。結果的に、福岡が開催されて優勝でき、やはりスピードを殺さずにマラソン練習することで高速レースに対応できると感じましたね。

――今はどういった練習環境で取り組んでいますか。

吉田 地元の東松山市(埼玉)を拠点にしていて、競技場やクロカンコースで行っています。夏くらいまではGMOの他の選手たちと同じ練習メニューに取り組んでいましたが、それ以降はマラソン練習に移行しました。

あらゆる準備をすることが大事

――福岡のレース後のインタビューで、「マラソンは能力よりも準備が大事」という言葉がすごく印象に残りました。

吉田 マラソンをやる前から「準備が大事」だという意識でやってきました。それはどのスポーツについても当てはまりますし、箱根駅伝にとってもそうです。4年時の箱根については、100%の準備ができて、100%の結果が出せました。

――そのような競技観になったのはいつ頃からですか。

吉田 大学3年の全日本大学駅伝で3大駅伝に初出場できたのですが、その時は夏合宿からすごく練習ができていました。過程が良くて、「絶対に外すことがない」と思った中で区間賞(5区)が取れたんです。やっぱり準備をすれば大丈夫、思った通りだったなと確認できました。

――吉田選手は高校時代、全国大会の経験もない中でここまで成長されました。その秘訣は?

吉田 この競技で成長するんだという強い気持ちがないとダメだと思います。あらゆる準備をして、自分自身ができる努力をきちんとしていれば、結果は出る「可能性がある」。準備によって、その可能性をどんどん広げていくのが大切です。

――今後、世界で戦うためにはどういった部分が必要だと考えますか。

吉田 単純なトラックのスピード、そしてレース中のペースの上げ・下げに対応するスピード、どちらも必要ですね。5000m13分20秒台や10000m27分45秒くらいの力がつけば、マラソンのベースも上がるのかな、と。

――マラソンについては東京五輪の代表枠は埋まっていますが、10000mはまだ2枠残されています。

吉田 正直、厳しいと思います(笑)。僕の場合はマラソンで結果を出すために10000mをやっています。相澤(晃)君(旭化成)や伊藤(達彦)君(Honda)は、トラックを今の段階では極めるというスタンスで、結果として五輪に近づいている。どちらが良いではなく、強くなる方法は人それぞれです。

――今回、別府大分が延期ということで大会の特別番組の座談会収録に参加されました。番組のみどころは?

吉田 座談会では久しぶりにゆっくりお話ができて、すごく楽しかったです。原監督とは思い出話や学生時代のエピソードについて話せましたし、瀬古さんからはマラソン選手としての貴重なお話をうかがえました。ぜひ見てください!

――原監督、瀬古氏はそれぞれどういった存在ですか。

吉田 原監督はマラソンの才能を見出してくださいました。瀬古さんは、マラソンを本格的に始めるにあたって極意というか、気持ちの在り方を教えていただきました。とても感謝しています。

※三者の座談会の様子は「ティモンディのやればできる!42.195~別府大分毎日マラソン特別編~」(RKB毎日放送)で見られる予定。放送は大会開催予定日だった2月7日で、13時からTBS系列で放送予定。70回の節目の大会を迎えるはずだった別大マラソンは今年の開催を断念。中止ではなく「延期」とし、70回大会の22年開催を目指している。
また、月刊陸上競技2021年3月号(2月13日発売)では、より深い切り口でのインタビューをお届けする予定。

文/向永拓史

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com