月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

サニブラウン、橋岡らが母校へマスクなどを配布「明るいニュースを届けられれば」


短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム、走幅跳の橋岡優輝(日大)、元七種競技選手で現在は7人制ラグビーで活躍する大竹風美子らが、新型コロナウイルスの影響下で「次世代の子供達へ選手自身の想いを伝えたい」という考えから、マスクなど支援品を配布することを発表した。

昨年5月に、アスリートのマネジメント事業を中心に活動する株式会社UDN SPORTSと契約するサッカーの香川真司らが発足した「#つなぐ」プロジェクトの一環で、昨年は全国の学童や医療従事者、選手にゆかりのある地域へ20万枚のマスクなどを配布している。今回は、サニブラウン、橋岡、大竹のほかに、楢崎智亜(クライミング)、長谷川唯(サッカー)、湯田葉月(フィールドホッケー)の6人が話し合い、各出身校の在校生および職員全員にマスクとリストバンド、メッセージレターを配布することを決めた。橋岡は「アスリートとしてこのような支援ができることをうれしく思います」とコメントし、活動を通して「社会全体の支援の輪が広がり、明るいニュースを届けられれば」としている。

選手コメント
●サニブラウン アブデル ハキーム
「このような状況の中、お世話になった母校の生徒たちに対して何かできることはないか自分たちで考え、マスク、リストバンド、メッセージレターを配布することにしました。このような支援の輪が広がっていくことを祈っています」

●橋岡優輝
「満足に活動もできていない母校の生徒に対して、アスリートとしてこのような支援ができることを嬉しく思います。社会全体に支援の輪が広がり、明るいニュースを届けられればいいなと思います。また、自分自身でも発信をして積極的に活動していきたいです」

●大竹風美子
「今回、このようなコロナ禍で、大変な思いをしている母校の子どもたちに、マスクを配布させていただくことになりました。これからも、少しでも皆さんにスポーツの力で明るいニュースを届けられるよう頑張っていきたいと思います」

●楢﨑智亜
「大変な思いをしている方がたくさんいる中、アスリートとして何ができるか考えました。結果を出して明るいニュースを届けることもそうですが、このような支援活動など、自分にできることから積極的に取り組みたいと思います」

●長谷川唯
「自分がお世話になった母校の生徒たちに何かできないか考えました。 アスリートが中心になってマスクやリストバンドなどを寄付し、少しでも皆さんとのつながりを意識できればと思います」

●湯田葉月
「母校の子供たちがこのような支援活動でアスリートたちとのつながりを感じ、喜んでもらえると嬉しいです。今後も社会に対して自分にできることは何か考えて活動していきたいです」


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com