月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

2021年世界陸連ラベルのマラソン日程を発表 大阪国際女子を皮切りに191レース エリートプラチナは名古屋と東京


世界陸連(WA)は1月20日、2021年のロードレースカレンダーを発表した。49ヵ国191レースで構成され、1月31日の大阪国際女子マラソンを皮切りに、12月31日まで年間を通じて実施される。
昨年まではプラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズの4種類に分類されていたが、コロナ禍における渡航制限等の状況を鑑み、WAエリートプラチナラベル、WAエリートラベル、WAラベルの3種類に分類が変更された。
WAエリートプラチナラベルでは優勝賞金の下限額が定められており、マラソンでは15000ドル、それ以外の距離では7500ドルに設定。また、少なくとも上位8名への賞金が必要とされている。各大会はコロナウイルスの感染拡大状況に応じて変更・中止の可能性がある。

●WAエリートプラチナラベルの大会は以下の通り
3月14日 名古屋ウィメンズマラソン
9月26日 ベルリンマラソン
10月3日 ロンドンマラソン
10月10日 シカゴマラソン
秋開催 ボストンマラソン
10月17日 アムステルダムマラソン
10月17日 東京マラソン
11月7日 ニューヨークマラソン
11月28日 上海マラソン
12月5日 バレンシアマラソン

その他、レースのカレンダーはHPで確認できる(https://www.worldathletics.org/competitions/world-athletics-label-road-races/calendar/2021)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com