HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.01.03

【箱根駅伝】東洋大が2年ぶりトップ3!8区・野口が殊勲の快走「来年は優勝を掲げたい」
【箱根駅伝】東洋大が2年ぶりトップ3!8区・野口が殊勲の快走「来年は優勝を掲げたい」


◇第97回箱根駅伝(東京・大手町~神奈川・箱根町/10区間217.1km)

前回まさかの10位に終わり、11年間守り続けてきたトップ3から陥落した東洋大は、往路2位、復路9位で総合3位に返り咲いた。

広告の下にコンテンツが続きます

酒井俊幸監督の「安堵している」というのが本音だろう。往路は2区・松山和希(1年)が区間4位、5区で前回区間新の宮下隼人(3年)が区間3位と見せ場を作って2位フィニッシュ。復路での巻き返しを図った。

だが、6区の九嶋恵舜(1年)が区間14位と苦しい走りとなり4位まで後退。さらに当日変更で7区に入った駅伝主将の西山和弥(4年)も「気持ちが弱かった。このまま行けるかと思ったがダメだったので調子は良くなかったのかと思います」と区間12位だった。

悪い流れになりそうななか、窮地を救ったのは8区の野口英希(4年)。11月の記録会で10000m28分台をマークしたが、「その時は箱根を走れるかどうかわからない状況だった」。しかしその後は「自分が箱根を走ることを想定して練習を積めた」と、最初で最後で箱根路に登場。1時間4分15秒の区間2位の好走で、青学大、東海大の追撃を押さえ込み、9、10区と鉄紺のタスキを3位で守り切った。

「走っているときは区間賞の可能性もあると思ったので少し悔しい」と野口。それでも、「自分の走りに徹して区間2位でタスキをつなげてよかった」と充実の表情を浮かべ、最初で最後の箱根路を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

トップ3へ舞い戻った東洋大。今回走った4年生が4人抜けるが、「鉄紺の復活」に向けて確かな兆しを見せた。「来年は総合優勝を目標に掲げるチームにしたい」と酒井監督は次を見据えていた。

◇第97回箱根駅伝(東京・大手町~神奈川・箱根町/10区間217.1km) 前回まさかの10位に終わり、11年間守り続けてきたトップ3から陥落した東洋大は、往路2位、復路9位で総合3位に返り咲いた。 酒井俊幸監督の「安堵している」というのが本音だろう。往路は2区・松山和希(1年)が区間4位、5区で前回区間新の宮下隼人(3年)が区間3位と見せ場を作って2位フィニッシュ。復路での巻き返しを図った。 だが、6区の九嶋恵舜(1年)が区間14位と苦しい走りとなり4位まで後退。さらに当日変更で7区に入った駅伝主将の西山和弥(4年)も「気持ちが弱かった。このまま行けるかと思ったがダメだったので調子は良くなかったのかと思います」と区間12位だった。 悪い流れになりそうななか、窮地を救ったのは8区の野口英希(4年)。11月の記録会で10000m28分台をマークしたが、「その時は箱根を走れるかどうかわからない状況だった」。しかしその後は「自分が箱根を走ることを想定して練習を積めた」と、最初で最後で箱根路に登場。1時間4分15秒の区間2位の好走で、青学大、東海大の追撃を押さえ込み、9、10区と鉄紺のタスキを3位で守り切った。 「走っているときは区間賞の可能性もあると思ったので少し悔しい」と野口。それでも、「自分の走りに徹して区間2位でタスキをつなげてよかった」と充実の表情を浮かべ、最初で最後の箱根路を飾った。 トップ3へ舞い戻った東洋大。今回走った4年生が4人抜けるが、「鉄紺の復活」に向けて確かな兆しを見せた。「来年は総合優勝を目標に掲げるチームにしたい」と酒井監督は次を見据えていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top