HOME 駅伝、箱根駅伝

2021.01.03

【箱根駅伝】2区区間新の東京国際大・ヴィンセント留学生初の金栗杯!「将来はマラソン世界記録を」
【箱根駅伝】2区区間新の東京国際大・ヴィンセント留学生初の金栗杯!「将来はマラソン世界記録を」


◇第97回箱根駅伝(東京・大手町~神奈川・箱根町/10区間217.1km)

第97回箱根駅伝のMVPに当たる金栗四三杯が発表され、2区区間新となる1時間5分49秒をマークした東京国際大のケニア人留学生イェゴン・ヴィンセント(2年)が受賞。ヴィンセントは前回東洋大の相澤晃(現・旭化成)が樹立した1時間5分57秒の区間記録を更新し、チームにとって初の連続シード権獲得(10位)に貢献した。なお、金栗杯を留学生が受賞したのは初めてのことで、同大にとっても初。

広告の下にコンテンツが続きます

ヴィンセントは「とても光栄でうれしい」と話し、自身の走りについて「グレートなパフォーマンスで、今季、自分ができる一番のパフォーマンスだった」と振り返る。走る前に区間記録を意識していたようで「チャレンジしたいと思っていた」と言う。まだ2年生で、「次は4区でいいレースをすることが最も大きなチャレンジになる」と話し、2~4区の区間記録保持者となることを目標に掲げる。

将来はマラソンへの意欲をしめしており、「4、5年かけて体力を作っていきたい。2025、26年に初マラソンを」とヴィンセント。区間賞獲得直後のインタビューでは「将来はマラソンの世界記録を塗り替えたい。自信があります」と、エリウド・キプチョゲ(ケニア)が持つ2時間1分39秒(18年)へ挑戦する夢を明かしている。

金栗杯は「日本マラソンの父」と評された金栗四三の功績をたたえるため第80回(2004年)に創設された。

◎イェゴン・ヴィンセント/2000年12月5日生まれ。ケニア・チェビルベレク高出身。185cm、70kg。5000m13分20秒39、10000m27分38秒48、ハーフマラソン1時間2分23秒。箱根駅伝では20年3区区間賞、21年2区区間賞。

広告の下にコンテンツが続きます

■金栗四三杯受賞者
第80回(2004年)鐘ヶ江幸治(筑波大/5区)
第81回(2005年)今井正人(順大/5区)
第82回(2006年)今井正人(順大/5区)
第83回(2007年)今井正人(順大/5区)、佐藤悠基(東海大/1区)
第84回(2008年)篠藤淳(中央学大/9区)
第85回(2009年)柏原竜二(東洋大/5区)
第86回(2010年)柏原竜二(東洋大/5区)
第87回(2011年)村澤明伸(東海大/2区)
第88回(2012年)柏原竜二(東洋大/5区)
第89回(2013年)服部翔大(日体大/5区)
第90回(2014年)大津顕杜(東洋大/10区)
第91回(2015年)神野大地(青学大/5区)
第92回(2016年)久保田和真(青学大/1区)
第93回(2017年)秋山清仁(日体大/6区)
第94回(2018年)林 奎介(青学大/7区)
第95回(2019年)小松陽平(東海大/8区)
第96回(2020年)相澤 晃(東洋大/2区)
第97回(2021年)イェゴン・ヴィンセント(東京国際大/2区)

◇第97回箱根駅伝(東京・大手町~神奈川・箱根町/10区間217.1km) 第97回箱根駅伝のMVPに当たる金栗四三杯が発表され、2区区間新となる1時間5分49秒をマークした東京国際大のケニア人留学生イェゴン・ヴィンセント(2年)が受賞。ヴィンセントは前回東洋大の相澤晃(現・旭化成)が樹立した1時間5分57秒の区間記録を更新し、チームにとって初の連続シード権獲得(10位)に貢献した。なお、金栗杯を留学生が受賞したのは初めてのことで、同大にとっても初。 ヴィンセントは「とても光栄でうれしい」と話し、自身の走りについて「グレートなパフォーマンスで、今季、自分ができる一番のパフォーマンスだった」と振り返る。走る前に区間記録を意識していたようで「チャレンジしたいと思っていた」と言う。まだ2年生で、「次は4区でいいレースをすることが最も大きなチャレンジになる」と話し、2~4区の区間記録保持者となることを目標に掲げる。 将来はマラソンへの意欲をしめしており、「4、5年かけて体力を作っていきたい。2025、26年に初マラソンを」とヴィンセント。区間賞獲得直後のインタビューでは「将来はマラソンの世界記録を塗り替えたい。自信があります」と、エリウド・キプチョゲ(ケニア)が持つ2時間1分39秒(18年)へ挑戦する夢を明かしている。 金栗杯は「日本マラソンの父」と評された金栗四三の功績をたたえるため第80回(2004年)に創設された。 ◎イェゴン・ヴィンセント/2000年12月5日生まれ。ケニア・チェビルベレク高出身。185cm、70kg。5000m13分20秒39、10000m27分38秒48、ハーフマラソン1時間2分23秒。箱根駅伝では20年3区区間賞、21年2区区間賞。 ■金栗四三杯受賞者 第80回(2004年)鐘ヶ江幸治(筑波大/5区) 第81回(2005年)今井正人(順大/5区) 第82回(2006年)今井正人(順大/5区) 第83回(2007年)今井正人(順大/5区)、佐藤悠基(東海大/1区) 第84回(2008年)篠藤淳(中央学大/9区) 第85回(2009年)柏原竜二(東洋大/5区) 第86回(2010年)柏原竜二(東洋大/5区) 第87回(2011年)村澤明伸(東海大/2区) 第88回(2012年)柏原竜二(東洋大/5区) 第89回(2013年)服部翔大(日体大/5区) 第90回(2014年)大津顕杜(東洋大/10区) 第91回(2015年)神野大地(青学大/5区) 第92回(2016年)久保田和真(青学大/1区) 第93回(2017年)秋山清仁(日体大/6区) 第94回(2018年)林 奎介(青学大/7区) 第95回(2019年)小松陽平(東海大/8区) 第96回(2020年)相澤 晃(東洋大/2区) 第97回(2021年)イェゴン・ヴィンセント(東京国際大/2区)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top