月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】下級生中心の駒大が全日本に続く2冠「今後は三大駅伝を取りにいきたい」

◇第97回箱根駅伝(東京・大手町~神奈川・箱根町/10区間217.1km)

「復路の駒大」が帰ってきた。

 往路3位からの大逆転。6区・花崎悠紀(3年)の区間賞で2位に浮上し、10区では3分差をひっくり返した。

「往路が3位だったので、復路は3位をキープすることを考えました。6区で2位に上がってからは『2位以内に入ろう』と残りの選手に伝えていました」(大八木弘明監督)

 6区終了時で先頭を走る創価大との差は1分08秒。7区は43秒広げられ、8区で22秒取り返したものの、9区では再び突き放されて3分19秒もの差が生まれてしまった。これには大八木監督も「2位かな」と頭をよぎったが、10区の石川拓慎(3年)が意地を見せた。

 創価大のアンカー・小野寺勇樹(3年)のペースが上がらないなか、石川は1km3分ペースを順調に刻んでいく。13.3km地点の新八山橋交差点で1分57秒差、16.5kmで1分17秒差まで縮まり、いよいよ逆転優勝のドラマが現実味を帯びてきた。20.8kmでついに先頭を捕らえると、数秒並走したあと一気にスパート。残り2kmで52秒の大差をつけ、13年ぶり7度目の総合優勝へ駆け込んだ。

 かつて2000年代に6度の優勝を飾ったうち、5度が復路での逆転劇だった駒大。“復路の駒大”が復活を遂げた。

 優勝テープを切った石川は「終盤に監督から『男だろ!』と言われて『よっしゃ』と気持ちが切り替わりました」と勝負どころを振り返る。前回は同じく10区で区間7位に終わり、早大とのスパート合戦に敗れているが、今回は区間歴代7位の1時間9分12秒で区間賞を獲得。「悔しさを晴らしてやろう」という気合がこもった熱走だった。

 10区間のうち、4年生は3区の小林歩ただ一人。この世代は前回4区の小島海斗、同5区の伊東颯汰、同8区の加藤淳、同9区の神戸駿介など経験者が多くそろっているが、小島は12月10日のエントリーで外れ、伊東、加藤、神戸は当日変更で出走リストから名前が消えた。

「4年生も一生懸命やってくれていたが、若い力を試してみたい気持ちがあった。温情で4年生を使おうかと思いましたが、それで失敗をしたこともあるので、同じくらいの実力だったら下級生を使おうと思いました」(大八木監督)

 今季の駒大の1年生は白鳥哲汰、唐澤拓海、鈴木芽吹、花尾恭輔など高校時代に全国大会で実績をあげた選手が多く集う、いわば「黄金世代」だ。それに刺激を受けた2年生が奮起し、それが3年生、4年生と波及したことで11月の全日本大学駅伝、今回の箱根駅伝と“2冠”につながった。

 主将の神戸は「1、2、3年生の勢いでここまで来れて、1年間がんばってきたことが報われたなという思いがあります。来年度以降も狙えるチームになっているので、さらに強い駒澤を目指してほしいと思います」と後輩たちを鼓舞。指揮官も「今後は全日本大学駅伝も連覇が懸かりますし、(昨年中止となった)出雲駅伝も開催されれば三大駅伝を取りにいきたい」と意気込みを口にした。

 10000mで現役日本人学生最速の27分46秒08を持つエース・田澤廉(2年)を中心に、“令和の常勝軍団”を目指していくつもりだ。

■駒大のメンバー 監督:大八木弘明
1区 白鳥 哲汰(1年)1.03.47(区間16位/通過16位)
2区 田澤  廉(2年)1.07.27(区間7位/通過8位)
3区 小林  歩(4年)1.02.22(区間2位/通過3位)
4区 酒井 亮太(2年)1.04.09(区間11位/通過2位)
5区 鈴木 芽吹(1年)1.12.44(区間4位/通過3位)
6区 花崎 悠紀(3年)57.36(区間1位/通過2位)
7区 花尾 恭輔(1年)1.03.55(区間2位/通過2位)
8区 佃  康平(3年)1.04.48(区間4位/通過2位)
9区 山野  力(2年)1.10.04(区間6位/通過2位)
10区 石川 拓慎(3年)1.09.12(区間1位/通過1位)
補欠
加藤淳(4年)、青柿響(1年)、円健介(2年)、伊東颯汰(4年)、神戸駿介(4年)、唐澤拓海(1年)



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com