月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】沿道の観戦は約18万人 前年比85%減 主催者「呼びかけにご理解いただけた結果」


第97回箱根駅伝を終え、主催する関東学連は沿道の観戦者数について、大会本部調べで往路・復路合わせて約18万人となり、前年比で約85%減少していたと発表した。

関東学連の有吉正博会長は「大会の開催にあたり、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、新聞やテレビ、ラジオ、交通広告、箱根駅伝の公式サイトなどを通じ、沿道での観戦や応援を控えていただくよう広く呼びかけてまいりました」と述べ、「沿道の観戦者数が大幅に減少したのは多くの皆様にこうした呼びかけにご理解いただいた結果」と感謝を伝えた。

関東学連は「応援したいから、応援に行かない。」のキャッチコピーを掲げ、当日はスタート・フィニッシュ、中継所は立ち入り禁止とし、黄色いジャンパーを着た学生補助員たちがプラカードを掲げるなどして立ち止まっての観戦を呼びかけるなどしていた。

例年に比べるといずれの区間も人は少なかったものの、大手町のフィニッシュ近くなど都心に近づくにつれて沿道には幾重もの人垣ができる場所もあった。

■過去10年の箱根駅伝の沿道観戦者数(大会本部調べ)
2011年 112万人
2012年 118万人
2013年 119万人
2014年 126万人
2015年 121万人
2016年 120万人
2017年 118万人
2018年 120万人
2019年 124万人
2020年 121万人
2021年 18万人※今回の発表

タグ:

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com