月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】女王・名城大が圧巻のV3で黄金期!主将・加世田「最高のチーム」/富士山女子駅伝


◇2020全日本大学女子選抜駅伝(12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場)

これが女王の強さか。10月の全日本大学駅伝を4連覇中だった名城大が、富士山女子駅伝でも圧倒的な強さを見せ大会3連覇。2時間21分38秒で2018年に同チームが作った大会記録を更新した。

1区に高松智美ムセンビ(3年)。2km付近でペースアップして前に出たことが響いてか最後は区間4位にとどまり、「勢いのないタスキリレーになってしまった」(高松)と、狙っていた「全員区間賞優勝」はこの時点で崩れる。それでも、トップの日体大からは6秒差で同期の和田有菜につないだ。

今季、なかなか思うような走りができなかったという和田は「自分らしく走ろう」とスタートすると、1km過ぎにあっという間に先頭に踊り出す。結果的に、以降は他校に影をも踏ませなかった。

和田は20分40秒の区間タイ記録で区間賞を獲得すると、3区の鴨志田海来(3年)が「地元・静岡で走れる喜びを胸に走った」と区間5位でつなぐ。圧巻の走りを見せたのが4区の山本有真(2年)。前回もこの区間で13分55秒の区間記録を樹立して区間賞を獲得している山本は「今季はケガもあって走れない時期もあった」という悔しさをぶつけ、自身の区間記録に並んで区間賞を獲得した。

タスキを受けたのはエースで主将の加世田梨花(4年)。区間記録更新を狙って爆走するが、気負いもあってか中盤以降はペースダウン。区間3位にとどまり、「この4年間で一番の走りをして恩返しをしたかたのに、一番ふがいない走りをしてしまった」と号泣した。

だが、これまでチームを引っ張ってきた加世田への「恩返し」とばかりに全員でカバー。ルーキーの6区・増渕祐香が区間新デビューを飾ると、山上り区間の7区は小林成美(2年)が28分26秒と区間記録を13秒更新する走りで3連覇のフィニッシュテープを切った。小林は「このような状況の中で走れる舞台をつくっていただけて感謝したい」と話し、「チームのみんなで支え合ってきた。優勝という目標を達成できてうれしいです」と笑顔を見せた。

米田勝朗監督は感極まった表情で、コロナ禍でも「勝ち続けたいという気持ちで日々努力をしてくれた」と目頭を熱くした。名城大は、これで全日本大学駅伝4連覇、富士山女子駅伝3連覇。3年連続で2冠を達成。そのすべてに貢献してきたのが加世田だった。苦しい走りになった主将に対して米田監督は「キャプテンの役割を果たしてくれた。立派なキャプテンだった」と称える。

「最高のチームで競技ができた」と加世田。惜しくも区間新を逃した山本が「来年は絶対に更新したい」と強い気持ちを押し出すように、強い後輩たちが「名城大・黄金期」をさらに確固たるものにしていくだろう。

■名城大の優勝メンバー
1区 高松智美ムセンビ(3年)13分10秒(区間4位)
2区 和田有菜(3年)20分40秒(区間1位、区間タイ)
3区 鴨志田海来(3年)10分30秒(区間5位)
4区 山本有真(2年)13分55秒(区間1位、区間タイ)
5区 加世田梨花(4年)35分26秒(区間4位)
6区 増渕祐香(1年)19分31秒(区間1位、区間新)
7区 小林成美(2年)28分26秒(区間1位、区間賞)


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com