HOME 学生長距離

2020.12.26

【箱根駅伝特集】東洋大・宮下隼人が挑む“山の神”以来の「2年連続5区区間賞」
【箱根駅伝特集】東洋大・宮下隼人が挑む“山の神”以来の「2年連続5区区間賞」

箱根駅伝直前Special
学生長距離Close-up

宮下隼人
Miyashita Hayato(東洋大学3年)

「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューを毎月お届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。12月は箱根駅伝直前Specialと題し、8チームの選手・監督のインタビュー記事を掲載していく。

 第8回目は、前回の箱根駅伝で5区区間賞を獲得した東洋大の宮下隼人(3年)。酒井俊幸監督をはじめとする周囲から「次期エース」として期待を寄せられ、年々成長を続けている鉄紺のキーマンに今シーズンの振り返り、2度目の箱根路に対する意気込みを話してもらった。

柏原竜二を見て東洋大のファンに

 小学生の時に、箱根駅伝の5区で爆走する柏原竜二を見て東洋大のファンになった2年生が、“天下の険”を誰よりも早く駆け上った。前回大会で一躍スターダムにのし上がった東洋大・宮下隼人だ。山上りの5区で区間記録を保持していた國學院大・浦野雄平(現・富士通)らを抑えて、区間賞を獲得。1時間10分25秒の区間新記録も樹立した。

 熱望していた箱根駅伝5区での活躍。それでも宮下の気持ちは晴れなかった。芦ノ湖のフィニッシュは11位。チームは総合10位に終わったからだ。

「目標にしていた『71分00秒』はクリアできましたが、今井正人さん(トヨタ自動車九州)、柏原竜二さん、神野大地さん(セルソース)と比べると、大きな差があります。自分はまだまだ『山の神』と言われる存在ではありません」(宮下)

 3年生になった今季は酒井俊幸監督から「エースと呼ばれる存在になるように」と言われ、“鉄紺のエース”を意識するようになった。しかし、3月下旬~6月中旬の自粛期間は山梨県富士吉田市の実家に帰省。トラックの使用も難しく、思うようなトレーニングを積むことができなかった。

「1人での練習はうまくいかないことが多くて、正直、学生駅伝をしっかり走れるのか不安でしたね。ただ全体練習が始まると、質の高い練習ができたので、昨季以上の手応えはありました」

 その言葉通り、10月11日の「トラックゲームズ in TOKOROZAWA」10000mで28分37秒36の自己ベストをマークする。11月1日の全日本大学駅伝は2年連続となる最終8区に出場。順大を抜き去ると、53秒先行していた早大にも並び、区間4位と気を吐いた。

「全日本は前年の経験もありましたし、トラックである程度のタイムも出せていたので、自信を持って臨みました。個人タイムでいうと、前年よりも1分20秒短縮できて、ひとまず良かったのかなと思います。ただアンカーはチームの順位が最優先される区間。早大に一度は追いついたにも関わらず、最後は競り負けてしまったのは反省点です」

“山の神”以来となる2年連続区間賞を

 山梨・富士河口湖高時代は3000m障害で南関東大会8位の実績があるが、東洋大入学時の5000mベストは14分46秒82。1年目はケガが続いたこともあり、箱根駅伝は8区のタイム計測と応援に回った。

高校時代の宮下。当時は3000m障害に取り組んでいた

 その悔しさをバネに2年目、3年目と着実にステップアップを踏み、いまや鉄紺軍団になくてはならない存在となっている。

 伊勢路では1年間の成長を見せたが、「エース」と呼ぶには物足りない走りだった。2回目の箱根駅伝は5区での再登場が有力視されている。

「チームのことを考えると、5区で他大学との差をつけないといけません。でも柏原さん以来、5区の2年連続区間賞は出ていません。それだけ5区は難しい区間です。まずは前年のタイム(1時間10分25秒)を更新したい。それ以上は深く考えないようにしています。とにかく、自分の力を最大限発揮しようという考えが強いです」

 周囲からは「山の神」への期待が高まっており、エースとしての快走も求められるが、宮下は冷静だ。

「気負ってしまうと良くない走りにつながってしまうので、自分がエースだとは考えていません。東洋大のエースは西山和弥さん(4年)だと思っています」と話す。一方で、5区は往路のアンカー。全日本での失敗を取り返すつもりでいる。

「前に選手がいる限り、最後まであきらめずに順位を上げる走りをしたい。来季は最上級生になるので、チームを引っ張っていかないといけません。西山さんが卒業した後は自分がエースにならないといけないなと思っています」

 目指すは区間賞で往路優勝のフィニッシュを飾ること。それが実現すれば、誰もが認める“鉄紺のエース”に近づくはずだ。

◎みやした・はやと/1999年10月15日生まれ。山梨県出身。174cm、58kg。明見中(山梨)→富士河口湖高→東洋大。5000m14分04秒20、10000m28分37秒36

文/酒井政人

箱根駅伝直前Special 学生長距離Close-up 宮下隼人 Miyashita Hayato(東洋大学3年) 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューを毎月お届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。12月は箱根駅伝直前Specialと題し、8チームの選手・監督のインタビュー記事を掲載していく。  第8回目は、前回の箱根駅伝で5区区間賞を獲得した東洋大の宮下隼人(3年)。酒井俊幸監督をはじめとする周囲から「次期エース」として期待を寄せられ、年々成長を続けている鉄紺のキーマンに今シーズンの振り返り、2度目の箱根路に対する意気込みを話してもらった。

柏原竜二を見て東洋大のファンに

 小学生の時に、箱根駅伝の5区で爆走する柏原竜二を見て東洋大のファンになった2年生が、“天下の険”を誰よりも早く駆け上った。前回大会で一躍スターダムにのし上がった東洋大・宮下隼人だ。山上りの5区で区間記録を保持していた國學院大・浦野雄平(現・富士通)らを抑えて、区間賞を獲得。1時間10分25秒の区間新記録も樹立した。  熱望していた箱根駅伝5区での活躍。それでも宮下の気持ちは晴れなかった。芦ノ湖のフィニッシュは11位。チームは総合10位に終わったからだ。 「目標にしていた『71分00秒』はクリアできましたが、今井正人さん(トヨタ自動車九州)、柏原竜二さん、神野大地さん(セルソース)と比べると、大きな差があります。自分はまだまだ『山の神』と言われる存在ではありません」(宮下)  3年生になった今季は酒井俊幸監督から「エースと呼ばれる存在になるように」と言われ、“鉄紺のエース”を意識するようになった。しかし、3月下旬~6月中旬の自粛期間は山梨県富士吉田市の実家に帰省。トラックの使用も難しく、思うようなトレーニングを積むことができなかった。 「1人での練習はうまくいかないことが多くて、正直、学生駅伝をしっかり走れるのか不安でしたね。ただ全体練習が始まると、質の高い練習ができたので、昨季以上の手応えはありました」  その言葉通り、10月11日の「トラックゲームズ in TOKOROZAWA」10000mで28分37秒36の自己ベストをマークする。11月1日の全日本大学駅伝は2年連続となる最終8区に出場。順大を抜き去ると、53秒先行していた早大にも並び、区間4位と気を吐いた。 「全日本は前年の経験もありましたし、トラックである程度のタイムも出せていたので、自信を持って臨みました。個人タイムでいうと、前年よりも1分20秒短縮できて、ひとまず良かったのかなと思います。ただアンカーはチームの順位が最優先される区間。早大に一度は追いついたにも関わらず、最後は競り負けてしまったのは反省点です」

“山の神”以来となる2年連続区間賞を

 山梨・富士河口湖高時代は3000m障害で南関東大会8位の実績があるが、東洋大入学時の5000mベストは14分46秒82。1年目はケガが続いたこともあり、箱根駅伝は8区のタイム計測と応援に回った。 高校時代の宮下。当時は3000m障害に取り組んでいた  その悔しさをバネに2年目、3年目と着実にステップアップを踏み、いまや鉄紺軍団になくてはならない存在となっている。  伊勢路では1年間の成長を見せたが、「エース」と呼ぶには物足りない走りだった。2回目の箱根駅伝は5区での再登場が有力視されている。 「チームのことを考えると、5区で他大学との差をつけないといけません。でも柏原さん以来、5区の2年連続区間賞は出ていません。それだけ5区は難しい区間です。まずは前年のタイム(1時間10分25秒)を更新したい。それ以上は深く考えないようにしています。とにかく、自分の力を最大限発揮しようという考えが強いです」  周囲からは「山の神」への期待が高まっており、エースとしての快走も求められるが、宮下は冷静だ。 「気負ってしまうと良くない走りにつながってしまうので、自分がエースだとは考えていません。東洋大のエースは西山和弥さん(4年)だと思っています」と話す。一方で、5区は往路のアンカー。全日本での失敗を取り返すつもりでいる。 「前に選手がいる限り、最後まであきらめずに順位を上げる走りをしたい。来季は最上級生になるので、チームを引っ張っていかないといけません。西山さんが卒業した後は自分がエースにならないといけないなと思っています」  目指すは区間賞で往路優勝のフィニッシュを飾ること。それが実現すれば、誰もが認める“鉄紺のエース”に近づくはずだ。 ◎みやした・はやと/1999年10月15日生まれ。山梨県出身。174cm、58kg。明見中(山梨)→富士河口湖高→東洋大。5000m14分04秒20、10000m28分37秒36 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top