月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】福岡国際V・吉田祐也は練習の虫 花田監督は「練習を止めるのが仕事」


福岡国際マラソンで日本歴代9位タイの2時間7分05秒で初優勝を飾った吉田祐也(GMOインターネットグループ)。指導する花田勝彦監督は「入社してきた頃からマラソンについて知識と情熱がすごかった」と語る。

別府大分マラソンに出た理由は「原晋監督が解説だったのですが、教え子がいないから吉田出てみたら、と言われて」だった。だが、そのマラソンで初マラソン歴代2位となる2時間8分30秒をマーク。だが、「成功と失敗の紙一重だった」と振り返る。だからこそ、「競技を続ける以上、やみくもにやるのではなく、正しい努力を続けたい」という思いがあった。

マラソンをやると決めてから、「研究」が始まった。「心理学や運動生理学を勉強して、自粛期間で時間もあったので文献や論文などをたくさん読みました。その中で自分に合ったものは何かを考えました」。練習では「その論文を読んだことで、テンポ走一つとっても、乳酸性作業閾値がどういう状況になって、どういう効果を生むのか。練習の意図と目的を明確に理解できた」と言う。

花田監督が「1年365日じゃないですが、マラソンにかける時間が他の選手と大きく違う。放っておくと2時間でも3時間でも走っています。瀬古(利彦)さんがおっしゃるように『究極の指導は練習を止めること』。そういう選手に出会えた」と言うほど練習の虫だ。

「走るのも好きだし、何より妥協したくないんです」。努力と研究で、「マラソン2度目のジンクス」も吹き飛ばした吉田。その積み重ねは世界へつながっている。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com