月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ケニアの24歳・カンディエが57分32秒のハーフ世界新 上位4人が世界記録上回る/バレンシアハーフ

バレンシアハーフマラソン(スペイン)が12月6日に開催され、K.カンディエ(ケニア)が57分32秒の世界新で優勝した。また、世界ハーフマラソン選手権優勝のJ.キプリモ(ウガンダ)が57分37秒で続き、R.キプルト(ケニア)が57分49秒、日本のNDソフト所属のA.ムティソ(ケニア)が57分59秒で、上位4人が世界新。従来の世界記録は昨年G.カムウォロル(ケニア)が出した58分01秒で、初めて57分台に突入した。カンディエは24歳で、今年の世界ハーフマラソン選手権では2位だった。

また、女子の部は1500mで世界記録を持つG.ディババ(エチオピア)が初ハーフマラソンで1時間5分18秒(世界歴代13位タイ)で優勝を飾った。なお、出場を予定していた5000m世界記録保持者L.ギデイ(エチオピア)は故郷の紛争により出国できずに欠場となった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com