月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】吉田祐也が再び快走!日本歴代9位タイの2時間7分05秒でV/福岡国際マラソン


◇福岡国際マラソン(12月6日/平和台陸上競技場発着42.195km)

第74回福岡国際マラソンが12月6日に開催され、2度目のマラソンとなった吉田祐也(GMOインターネットグループ)が日本歴代9位タイの2時間7分05秒(速報値)をマークしてマラソン初優勝を果たした。この記録で福岡国際の日本人最高記録である藤田敦史の2時間6分51秒(2000年)に迫った。吉田は10kmを29分55秒、20kmを59分37秒とトップ集団で通過。30kmを過ぎから後続と差が広がり独走態勢を築いた。

今年の箱根駅伝で4区区間賞の走りで青学大の総合優勝に大きく貢献し、引退レースのつもりで臨んだ2月の別府大分毎日マラソンで2時間8分30秒という初マラソン&学生歴代2位の快走。その後、競技継続を表明し、内定していた一般企業への入社を辞退してGMOインターネットグループで現役を続行した。今季は5000m13分36秒86、10000m28分19秒07と自己記録を更新し、11月の東日本実業団対抗駅伝でも3区区間3位と好走している。

2位の大塚祥平(九電工)も2時間7分38秒、3位の寺田夏生(JR東日本)も2時間8分03秒の好記録での自己新だった。

吉田祐也コメント
「タイムよりも順位を狙って出場しました。100%の力を出し切って優勝できてうれしいです。今年1年マラソンで結果を出すと考えてやってきて、間違っていなかったと証明できた。向かい風が吹いて苦しいレースだったが、いろんな人の支えもあって『絶対に優勝する』と思って走りました。競技を続けてくれてありがとうと言ってくださる方々に感謝しています。結果というかたちで恩返ししたい」

■男子マラソン日本歴代10傑
2.05.29 大迫  傑(Nike) 2020. 3. 1
2.06.11 設楽 悠太(Honda) 2018. 2.25
2.06.16 高岡 寿成(カネボウ) 2002.10.13
2.06.45 高久  龍(ヤクルト) 2020. 3.1
2.06.51 藤田 敦史(富士通) 2000.12. 3
2.06.54 井上 大仁(MHPS) 2018. 2.25
2.06.54 上門 大祐(大塚製薬) 2020. 3. 1
2.06.57 犬伏 孝行(大塚製薬) 1999. 9.26
2.07.05 定方 俊樹(MHPS) 2020. 3. 1
2.07.05 吉田 祐也(GMOインターネットグループ) 2020.12.6



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com