月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】相澤晃が10000mで日本新で東京五輪内定!!伊藤達彦も日本新で五輪参加標準突破


◇日本選手権・長距離(12月4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪選考会を兼ねた日本選手権・長距離が大阪・ヤンマースタジアム長居で行われ、最終種目の男子10000mで東洋大卒の実業団ルーキー・相澤晃(旭化成)が27分18秒75の日本新記録で初優勝。東京五輪の参加標準記録(27分28秒00)を突破しての優勝で東京五輪代表に内定した。

また、2位の伊藤達彦(Honda)も27分25秒73で五輪参加標準記録を突破、3位の田村和希(住友電工)が27分28秒92で、ここまでが日本新記録という驚異のレースだった。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com