HOME ニュース、海外

2020.11.17

【海外】WA「加盟国賞」のノミネート発表 各地域連盟より選出
【海外】WA「加盟国賞」のノミネート発表 各地域連盟より選出


世界陸連(WA)がWAアスレチック・アワードの加盟国賞(Member Federation Award)のノミネートを発表している。この賞は陸上競技の向上・発展への寄与、またはその他の成果を挙げた連盟に贈られる。各地域の連盟が2ヵ国ずつ選出したあと、WAの投票を経て6カ国の連盟が最終候補として選ばれている。候補は以下の通り。

・ケニア(アフリカ)
国内のロックダウン等の状況にもかかわらず、アフリカで初めてのワールドアスレティックスコンチネンタルツアーゴールドミーティングであるキプ・ケイノ・クラシック(Kip Keino Classic)を実現。ジェプチルチルのハーフマラソン女子単独世界新などアスリートも活躍した。

・ニュージーランド(オセアニア)
国が世界有数の厳しいロックダウンの施策をとるなか、バーチャルイベントを開催し、後に競技会の開催に至った。トップレベルの選手は国外大会には出場できなかったが、国内での競技会で女子ハンマー投のL.ブルースがエリアレコード(73m47、9月20日)をマークするなどの成績を挙げた。9月のロトウラマラソンは3月以来世界で初めて行われた市民参加イベントのひとつだった。

・ニカラグア(北米)
ロックダウンが実施され始めたとき、パンデミック状況下における健康・安全のプロトコルに他のスポーツが適応できるよう、当連盟が主導的な役割を果たした。また、ユニセフの勧告に沿い、精神的・肉体的幸福を促進するための子供、若者向けイベントを率先して行った。

・パレスチナ(アジア)
コーチ教育および認定システム(CECS)のレベル1コースとレベル2コースの両方をオンライン形式でホストした最初の連盟のひとつ。ロックダウン中はその他にもオンラインセミナーを実施していた。

・ペルー(南米)
選手をスポーツに関与させ続けるよう、さまざまなヴァーチャルイベント(トレーニングプログラム、セミナー、コーチングアドバイスセッションなど)を積極的に行った。

・ポーランド(ヨーロッパ)
パンデミックにも関わらず、ホジュフで2回、ビドゴシチで1回、計3回のワールドアスレティックスコンチネンタルツアー大会の開催の成功を収めた。地方組織委員会および地方自治体とともに、ハーフマラソン世界選手権の実施に尽力した。

他の賞と同様、結果は12月5日に開催されるWAアスレチック・アワード 2020 で発表される。

世界陸連(WA)がWAアスレチック・アワードの加盟国賞(Member Federation Award)のノミネートを発表している。この賞は陸上競技の向上・発展への寄与、またはその他の成果を挙げた連盟に贈られる。各地域の連盟が2ヵ国ずつ選出したあと、WAの投票を経て6カ国の連盟が最終候補として選ばれている。候補は以下の通り。 ・ケニア(アフリカ) 国内のロックダウン等の状況にもかかわらず、アフリカで初めてのワールドアスレティックスコンチネンタルツアーゴールドミーティングであるキプ・ケイノ・クラシック(Kip Keino Classic)を実現。ジェプチルチルのハーフマラソン女子単独世界新などアスリートも活躍した。 ・ニュージーランド(オセアニア) 国が世界有数の厳しいロックダウンの施策をとるなか、バーチャルイベントを開催し、後に競技会の開催に至った。トップレベルの選手は国外大会には出場できなかったが、国内での競技会で女子ハンマー投のL.ブルースがエリアレコード(73m47、9月20日)をマークするなどの成績を挙げた。9月のロトウラマラソンは3月以来世界で初めて行われた市民参加イベントのひとつだった。 ・ニカラグア(北米) ロックダウンが実施され始めたとき、パンデミック状況下における健康・安全のプロトコルに他のスポーツが適応できるよう、当連盟が主導的な役割を果たした。また、ユニセフの勧告に沿い、精神的・肉体的幸福を促進するための子供、若者向けイベントを率先して行った。 ・パレスチナ(アジア) コーチ教育および認定システム(CECS)のレベル1コースとレベル2コースの両方をオンライン形式でホストした最初の連盟のひとつ。ロックダウン中はその他にもオンラインセミナーを実施していた。 ・ペルー(南米) 選手をスポーツに関与させ続けるよう、さまざまなヴァーチャルイベント(トレーニングプログラム、セミナー、コーチングアドバイスセッションなど)を積極的に行った。 ・ポーランド(ヨーロッパ) パンデミックにも関わらず、ホジュフで2回、ビドゴシチで1回、計3回のワールドアスレティックスコンチネンタルツアー大会の開催の成功を収めた。地方組織委員会および地方自治体とともに、ハーフマラソン世界選手権の実施に尽力した。 他の賞と同様、結果は12月5日に開催されるWAアスレチック・アワード 2020 で発表される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top