月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

IOCバッハ会長「五輪開催に向けて疑念はない」9ヵ月でコロナ対策万全に有観客で


国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が来日し、16日は菅義偉首相、小池百合子・東京都知事と会談したあと、東京五輪・パラリンピック組織委員会と大会準備について状況を話し合う合同プロジェクトレビューに出席した。

バッハ会長は、「大会開催のフルコミットメントを表明するために来た。これまでも開催を確信していましたが、総理や都知事との会談で考えが共有でき、さらに確信した。疑いの余地もなくなり、開催の決意に一切の疑念はない」と、来年に延期となった東京五輪の開催を強調した。

観客についても「妥当な数の観客を会場に入れられる」と話し、ワクチンの開発・接種も「すべての努力をしていく。9ヵ月でワクチンも入手可能になるだろうし、コロナ対策が円滑になる」と語り、選手や関係者へのワクチン接種を求めていく。また、「日本の方々にも大丈夫と思ってほしい」とも。

バッハ会長は、滞在中に国立競技場や選手村などを視察する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com