月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】世界陸連ワールドアスリートオブザイヤー2020 女子の候補選手を発表


世界陸連(WA)は3日、前日の男子に続き、来月のワールドアスレティクスアワード2020に先立って、最優秀選手に贈られる「ワールドアスリートオブザイヤー」の女子ノミネート選手を発表した。
ノミネート者は9月に5000mで14分06秒62の世界新記録を樹立したL.ギテイ(エチオピア)、400mハードルで今季世界最高の53秒79をマークしたF.ボル(オランダ)、1時間走で18930mの世界最高記録を出したS.ハッサン(オランダ)、ハーフマラソンで女子単独レース世界記録を2度更新したP.ジェプチルチル(ケニア)、800mと1000mで今季世界トップに立つF.キピエゴン(ケニア)、1500mで今季3戦無敗のL.ミューア(英国)、3000mで8分22秒54を出したH.オビリ(ケニア)、三段跳で室内世界記録を更新したY.ロハス(ベネズエラ)、100mで7戦7勝のE.トンプソン・ヘラー(ジャマイカ)、男女混合のハーフマラソンで1時間4分31秒の世界新記録を出したA.イェシャネー(エチオピア)の10名。
ワールドアスレティクスアワード2020は12月5日にオンラインで行われ、WAのTwitterではリツイート機能を使ってファン投票も行われている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com