月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】田中希実が5000m15分22秒39で組2着 12月の日本選手権で勝てば五輪内定/デンカチャレンジ


◇Denka Athletics Challenge Cup 2020(11月3日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)

サトウ食品日本グランプリシリーズの最終戦であるDenka Athletics Challenge Cup 2020が新潟・デンカビッグスワンスタジアムで開催され、グランプリ女子5000mに田中希実(豊田自動織機TC)が出場。15分22秒39をマークして2着だった。

田中はスタートしてすぐに、マーガレット・アキドル(開志国際高)とともに飛び出すと2人旅に。3000m通過は9分15秒で通過、中盤は400mを73~74秒あたりでカバーした。残り3周で一度はペースアップし72秒で回り4000m通過は12分17秒。だがアキドルも食らいつき、逆にラスト1周を切ってスパートをかけたアキドルに離された。それでも、連戦続きながら15分22秒39。12月4日の日本選手権では5000mに出場予定で、すでに昨年のドーハ世界選手権で東京五輪参加標準記録を突破しており、勝てば東京五輪代表に内定する。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com