月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【走高跳】赤松諒一が日本歴代8位タイの2m28 2010アジア大会銀の高張が現役引退


11月3日の横須賀秋季記録会、男子走高跳で、赤松諒一(アワーズ)が2m28に成功。日本歴代8位タイの好記録だった。赤松は岐阜大、岐阜大大学院を卒業し、今年が実業団1年目。学生時代は15、17、19年と3度日本インカレで優勝している。これまでの自己記録は2m25で、今年の日本選手権は6位だった。

また、同大会では高張広海(日立ICT)が現役を引退。自身のSNSで報告している。高張は横須賀出身の32歳。岩戸中、横須賀総合高を経て東海大へ。2010、12、13年の日本選手権で優勝。10年のアジア大会では銀メダルを獲得した。自己記録は2m28(日本歴代8位タイ)。常に上位に顔を出す強さで、トップジャンパーとして長きにわたって活躍した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com