月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【短距離】北京五輪銀メダリスト・末續慎吾が初の著『自由。』を発売


男子200mの日本記録(20秒03)保持者で、2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの末續慎吾(EAGLERUN)初の著書である『自由。』(ダイヤモンド社)が10月21日に発売された。

サブタイトルに「世界一過酷な競争の果てにたどり着いた哲学」とあるように、2003年パリ世界選手権で日本人短距離種目初の銅メダル獲得し、北京五輪4×100mリレーでメダルを手にするなど活躍したのち、長期休養をはさみ、今も走り続ける自身の経験、葛藤からたどり着いた「哲学」が綴られている。

末續は自身のブログで「これまで、僕が末續慎吾を伝えるには、走る事しかありませんでした。でも、今回この本を書いてみて、より深く自分を知り、より深く伝えられる新しい手段を見つける事が出来ました。これは、とても幸せな発見でした。だからこそこの本は、僕にとっては新しい世界への最初の一歩でした」と思いを記している。

「自由。 世界一過酷な競争の果てにたどり着いた哲学 」(ダイヤモンド社)
2020年10月21日発売/1540円

タグ:



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com