月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【海外】ドーピング疑惑の400m女王ナセル WAが却下で東京五輪参加の可能性


世界陸連(WA)の懲戒裁決機関(The World Athletics Disciplinary Tribunal)は10月21日、昨年のドーハ世界選手権女子400m覇者のS.E.ナセル(バーレーン)のドーピング違反についてのAIU(インテグリティー・ユニット)の告発を却下した。

ナセルは今年6月にドーピング違反で暫定な資格停止処分が下され、1年~2年の資格停止処分を科されるはずであったが、この判決によりナセルは東京五輪出場の資格喪失を逃れた。

2019年1月1日に居場所情報提出義務違反 、同年3月、4月、2020年1月24日の検査未了があったものとされていたが、19年4月の件が退けられたため、12ヵ月以内に3回の検査未了・提出義務違反という規則の違反に当たらないと判断された。

訴えの主体であるAIU(インテグリティ・ユニット)は「スポーツ仲裁裁判所(CAS)で30日以内に上訴する権利があり、上訴するかどうかを決定する前に判決内容を検討する」とSNSで発信している。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com