HOME 国内

2024.07.08

NEWS
やり投・北口榛花に贈られた日の丸 小学生が“北口先生”から学んだ「志」と「姿勢」の大切さ
やり投・北口榛花に贈られた日の丸 小学生が“北口先生”から学んだ「志」と「姿勢」の大切さ

母校と訪れた小学校から日の丸を受け取った北口榛花

7月7日、七夕の日に女子やり投でパリ五輪代表の北口榛花(JAL)が欧州へと飛び立った。ここからパリ五輪、そしてダイヤモンドリーグと秋までノンストップで戦い抜く。

出国前の空港内で北口に“サプライズ”が待っていた。関係者が用意した4つの日の丸には、「世界一めざしてがんばってください」「70m!」「全力で」など、たくさんの応援メッセージがつづられていた。

そのうちの2つは、北口の母校・北海道教育大附属旭川中学校の後輩たちからのもの。そしてあとの2つは、埼玉県新座市にある新堀小学校と東野小学校から贈られた。一見、「なぜ埼玉の小学校?」と思うかもしれないが、実はこんな縁がある。

昨年のブダペスト世界選手権で金メダリストとなった北口。オフシーズンだった秋から冬にかけて新堀小学校に1回、東野小学校に2回、サプライズで訪れていたという。

きっかけはコロナ禍にさかのぼる。

北口のケアを担当している治療院「SSSA(スリーエスエー)」は、解剖学を専門とする元筑波大准教授の足立和隆先生にアドバイスをもらいながら『解剖学的立位肢位』に基づいて治療を施している。

その足立先生と治療院をつなげたのが、東京有明医療大学の小山浩司先生だった。北口の実践例も含め、治療の効果測定。そして論文に落とし込んでいるのが人物である。

小学校を訪れて姿勢の大切さを伝える小山先生

しかし、コロナ禍のさなかに姿勢についての論文をまとめるにあたり、どうしても統計を取るのが難しい時期があった。苦心している時に、治療院に通っている小学校教員で、その縁もあって北口とも交流がある村田聡子先生が勤務先(当時は新堀小学、現・東野小学校)の校長先生に掛け合ってくれ、快諾してくれたのだという。

小山先生は『姿勢』の大切さを伝える特別授業をするために2つの小学校を訪問。その際にサプライズゲストとして、世界一になった北口が一緒に訪れた。

姿勢の授業がメインの内容。もちろん、姿勢の大切さも子どもたちは一生懸命学んだが、それ以上に北口の言葉が心に深く刻まれた。「北口選手の授業ではなかったんですけど」と小山先生が苦笑いするが、北口が「志を持つこと」「夢を持つこと」「あきらめないこと」といった言葉は、幼心にストレートに響き、目を輝かせた。

今回、図らずも“北口先生の授業”を受けた子どもたちが、パリ五輪に向かう北口に向けて応援メッセージをしたためた。子どもたちは真剣な表情でメッセージを書いていた。

「すごい選手が来てくれてビックリしました」
「北口選手をきっかけにやり投に興味を持ちました」
「志を持つことが大切だと話されていたのが印象に残っています」
「すごく大きかった。すごい選手が本当に来てくれてうれしかった」
「姿勢と夢を持つことが大切だよと言っていました」

北口への応援メッセージを一生懸命書く子どもたち

当時の思い出を話し、「北口選手頑張ってください!」「応援しています!」「金メダルを取ってまた学校に来てください!」と応援メッセージを寄せてくれた。子どもたちから預かった日の丸を両校の先生たちが空港に持参。直接手渡し、思いを届けた。きっと北口の背中を押してくれるだろう。

表には出ていなかったが、オフシーズンでもメディア・イベント出演に多忙な日々を過ごしてた中でも、お世話になった人たちのもとへと足を運ぶ。北口らしいエピソードだった。

パリ五輪の女子やり投は日本時間の8月7日の夕方に予選、8月10日深夜の2時40分に決勝が行われる。北口はお世話になった多くの人たちへの思いをやりに込め、パリの空にビッグスローを放つ。

エールを送る新堀小学校の生徒たち

7月7日、七夕の日に女子やり投でパリ五輪代表の北口榛花(JAL)が欧州へと飛び立った。ここからパリ五輪、そしてダイヤモンドリーグと秋までノンストップで戦い抜く。 出国前の空港内で北口に“サプライズ”が待っていた。関係者が用意した4つの日の丸には、「世界一めざしてがんばってください」「70m!」「全力で」など、たくさんの応援メッセージがつづられていた。 そのうちの2つは、北口の母校・北海道教育大附属旭川中学校の後輩たちからのもの。そしてあとの2つは、埼玉県新座市にある新堀小学校と東野小学校から贈られた。一見、「なぜ埼玉の小学校?」と思うかもしれないが、実はこんな縁がある。 昨年のブダペスト世界選手権で金メダリストとなった北口。オフシーズンだった秋から冬にかけて新堀小学校に1回、東野小学校に2回、サプライズで訪れていたという。 きっかけはコロナ禍にさかのぼる。 北口のケアを担当している治療院「SSSA(スリーエスエー)」は、解剖学を専門とする元筑波大准教授の足立和隆先生にアドバイスをもらいながら『解剖学的立位肢位』に基づいて治療を施している。 その足立先生と治療院をつなげたのが、東京有明医療大学の小山浩司先生だった。北口の実践例も含め、治療の効果測定。そして論文に落とし込んでいるのが人物である。 [caption id="attachment_140439" align="alignnone" width="800"] 小学校を訪れて姿勢の大切さを伝える小山先生[/caption] しかし、コロナ禍のさなかに姿勢についての論文をまとめるにあたり、どうしても統計を取るのが難しい時期があった。苦心している時に、治療院に通っている小学校教員で、その縁もあって北口とも交流がある村田聡子先生が勤務先(当時は新堀小学、現・東野小学校)の校長先生に掛け合ってくれ、快諾してくれたのだという。 小山先生は『姿勢』の大切さを伝える特別授業をするために2つの小学校を訪問。その際にサプライズゲストとして、世界一になった北口が一緒に訪れた。 姿勢の授業がメインの内容。もちろん、姿勢の大切さも子どもたちは一生懸命学んだが、それ以上に北口の言葉が心に深く刻まれた。「北口選手の授業ではなかったんですけど」と小山先生が苦笑いするが、北口が「志を持つこと」「夢を持つこと」「あきらめないこと」といった言葉は、幼心にストレートに響き、目を輝かせた。 今回、図らずも“北口先生の授業”を受けた子どもたちが、パリ五輪に向かう北口に向けて応援メッセージをしたためた。子どもたちは真剣な表情でメッセージを書いていた。 「すごい選手が来てくれてビックリしました」 「北口選手をきっかけにやり投に興味を持ちました」 「志を持つことが大切だと話されていたのが印象に残っています」 「すごく大きかった。すごい選手が本当に来てくれてうれしかった」 「姿勢と夢を持つことが大切だよと言っていました」 [caption id="attachment_140436" align="alignnone" width="800"] 北口への応援メッセージを一生懸命書く子どもたち[/caption] 当時の思い出を話し、「北口選手頑張ってください!」「応援しています!」「金メダルを取ってまた学校に来てください!」と応援メッセージを寄せてくれた。子どもたちから預かった日の丸を両校の先生たちが空港に持参。直接手渡し、思いを届けた。きっと北口の背中を押してくれるだろう。 表には出ていなかったが、オフシーズンでもメディア・イベント出演に多忙な日々を過ごしてた中でも、お世話になった人たちのもとへと足を運ぶ。北口らしいエピソードだった。 パリ五輪の女子やり投は日本時間の8月7日の夕方に予選、8月10日深夜の2時40分に決勝が行われる。北口はお世話になった多くの人たちへの思いをやりに込め、パリの空にビッグスローを放つ。 [caption id="attachment_140441" align="alignnone" width="800"] エールを送る新堀小学校の生徒たち[/caption]

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top