月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】全日本大学駅伝エントリー選手を発表 優勝争いは東海大、青学大、駒大か


11月1日に行われる秩父宮賜杯第52回全日本大学駅伝のエントリー選手(16人)が発表された。
前回優勝の東海大は、主将の塩澤稀夕や名取燎太ら4年生を中心に有力どころがエントリーしたほか、石原翔太郎ら1年生が6人入った。

青学大は主将を務める神林勇太、エースの吉田圭太が入った一方、今年の箱根駅伝で活躍しながら今季レースに出場していない岸本大紀(2年)は、他の選手のほうが調子が上という判断されて外れた。駒大は主将の神戸駿介とハーフで1時間1分台を持つ小島海斗がエントリーから漏れている。昨年4位の東京国際大は箱根駅伝3区で快走したイェゴン・ヴィセントではなく、前回8区区間賞のルカ・ムセンビがエントリーした。

戦力的には東海大、青学大の2強に、駒大、東洋大、國學院大、早大らが上位争いに加わりそうだ。
11月1日、8時5分にスタートする。

エントリーはこちらから

■シード校(前回上位8校)
東海大学     7大会連続33回目
青山学院大学   8大会連続10回目
駒澤大学    25大会連続27回目
東京国際大学   2大会連続 2回目
東洋大学    13大会連続28回目
早稲田大学   14大会連続26回目
國學院大學    6大会連続 8回目
帝京大学     6大会連続13回目

■各地区代表校
<北海道>
札幌学院大学   3大会連続27回目
<東北>
東北大学    2大会ぶり14回目
<関東>
日本大学     2大会ぶり41回目
中央学院大学   8大会連続14回目
明治大学    13大会連続14回目
順天堂大学    4大会連続25回目
山梨学院大学   3大会ぶり31回目
日本体育大学   3大会連続42回目
城西大学     4大会連続9回目
<北信越>
信州大学    5大会ぶり14回目
<東海>
皇學館大学   4大会連続4回目
<関西>
立命館大学   20大会連続32回目
関西学院大学   2大会連続10回目
京都産業大学   8大会連続48回目
びわこ学院大学   初出場
<中国四国>
広島経済大学  2大会ぶり23回目
<九州>
日本文理大学  4大会ぶり10回目

■秩父宮賜杯 第52回全日本大学駅伝対校選手権大会
11月1日 熱田神宮西門前~伊勢神宮内宮宇治橋前  8区間 106.8km
大会HP



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com