月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【マラソン】大会組織委員会、WA関係者が五輪マラソンコースを計測


東京五輪マラソン・競歩の会場となる札幌市で行われたコース計測。世界陸連の関係者らが自転車に乗ってマラソンコースを計測した=10日未明、同市中央区の大通公園周辺(代表撮影)

10月10日未明に、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会が北海道・札幌市内で東京五輪のマラソンコースを計測した。

交通量を加味して深夜0時頃から約4時間半かけて実施。予定されているコースが正しく42.195kmとなるように、実際に自転車で道路を走って測定する。世界陸連(WA)の計測責任者デビット・カッツ氏と日本陸連の3名が自転車にまたがった。北海道警の協力で安全を確保した上で、交通ルールを遵守して行われた。

今後は事務手続きを経て11月下旬に世界陸連の承認が得られる。東京2020組織委員会の森泰夫大会運営局次長は会見で「コースが固まれば給水ポイントや救護ステーションの場所などが決められる」と話した。

東京五輪のマラソンと競歩は暑さなどを考慮して札幌開催に変更された。男子50km競歩が来年8月6日5時半スタート、女子20km競歩が8月6日16時半スタート、男子20km競歩が8月6日19時50分スタート、女子マラソンが8月7日7時スタート、男子マラソンが8月8日7時スタート。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com