月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】早大・中谷雄飛が28分19秒27の自己新/トラックゲームズinTOKOROZAWA


台風の影響で1日順延され10月11日に行われたトラックゲームズinTOKOROZAWAの対校戦男子10000mで、早大の中谷雄飛が28分19秒27の自己新をマークし、学生トップとなった。中谷は日本インカレ10000m16位(30分34秒01)から復調。同期の太田直希も28分19秒76の好記録で2位に入った。

また、対校5000mは小袖英人(明大)が13分46秒56をマークしてトップ、2位には東洋大ルーキーの松山和希が13分48秒80で続いた。

この対校戦は出雲駅伝が新型コロナウイルスの影響により中止となったことを受け、早大、東洋大、明大、創価大の4校による実戦の場として早大の織田幹雄記念陸上競技場で行われた。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com