HOME 国内、高校

2024.07.01

衝撃の800m 高校生・落合晃&久保凛が圧倒的スピードでシニア選手を蹴散らす/日本選手権
衝撃の800m 高校生・落合晃&久保凛が圧倒的スピードでシニア選手を蹴散らす/日本選手権

24年日本選手権800mを制覇した落合晃と久保凛

◇第108回日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)4日目日

第108回日本選手権の4日目が行われ、男女の800mはいずれも若き高校生アスリートが好タイムで頂点に。ともに日本記録保持者や五輪代表経験者を相手にしての激走は、詰めかけたファンの度肝を抜く走りだった。

先に行われた女子は、残り1周を告げる鐘の音とともに久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)がトップに立った。バックストレートで大会3冠を目指した田中希実(New Balance)が外側から前に出かける場面もあったが、「残り250mから仕掛けようと考えていたので、焦りありませんでした」と、一気にギアチェンジ。持ち味でもあるラストスパートで、みるみるうちに後ろとの差を広げ、真っ先にフィニッシュに駆け込んだ。タイムも2分03秒13と、2週間前のインターハイ近畿大会でマークした2分03秒50のU18日本記録を塗り替えるレコードとなった。

高校記録(2分02秒57)を持つ塩見綾乃(岩谷産業)が引っ張り、400mは61秒で通過。久保としては59~60秒で通過する想定だったため、目指していた高校記録には届かなかった。「優勝できたことは自信になりますが、記録も狙っていたので、その部分は残念」と、勝てた喜びとともに、悔しさも募る。

それでも、5月の静岡国際など春のグランプリシリーズを含めシニア勢に4連勝。もちろん高校生にも負けずに前半シーズンを駆け抜けた。U18世代では、6月末時点で今季世界リストでも3位、U20でも10位につける。「世界には1分台の選手が大勢いる。高校記録を今年中に塗り替え、来年は日本記録(2分00秒45)。ゆくゆくは田中さんのように、世界を舞台に戦える選手になりたい」と志を高く持つ。

男子は、前日の予選で日本記録に0.07秒と迫る1分45秒82という衝撃のレースを演じた落合晃(滋賀学園高3滋賀)が、再び主役に。U20日本新、そして高校新、大会新を樹立した疲れも懸念されたが、1周目から先頭を引っ張るレースを展開し、1分46秒56で初優勝。それでもなお、「パリ五輪の標準突破(1分44秒70)を目指してやってきたので、それが叶わず残念です」とフィニッシュ後には悔しさでトラックに拳をぶつけた。

「記録を狙う上で1周目を51秒前後では入りたかった」とシニア勢を差し置き、スタート直後から積極的に飛ばしレースを支配。ただ、「自分の感覚としては51秒台で行っているつもり」という1周目が53秒と、1秒あまりの誤差が生じてた。

2周目も最後まで力を振り絞ったものの、タイムは及ばず。レース後には「(51秒で)行けていない時点でもう一段階上の力が必要だった」とつぶやいた。

昨夏、インターハイを大会新記録の1分47秒92で制して以降、今季の目標をパリ五輪出場と決め、ここまで突き進んできた。「今回、日本人が誰も行っていないタイム(1分44秒台)を目指してやってきたからこと、予選の記録にもつながりました。高い目標に挑んでいなければ、今回の優勝も45秒台の記録もなかったと思います」と落合。

パリ五輪の挑戦は幕を閉じたが、得るものの大きかった。この後の目標はまだ決めていないと言うものの、「800mはもちろん、1500mも5000mも、そして駅伝でもしっかり走れるように練習を積んでいきたい」と気持ちが切れることはない。

5000mや10000mとは異なり、世界とやや距離のある800m。新潟を舞台に繰り広げられた高校生の果敢なチャレンジが、その壁をぶち破る起爆剤となる。

文/花木 雫

◇第108回日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)4日目日 第108回日本選手権の4日目が行われ、男女の800mはいずれも若き高校生アスリートが好タイムで頂点に。ともに日本記録保持者や五輪代表経験者を相手にしての激走は、詰めかけたファンの度肝を抜く走りだった。 先に行われた女子は、残り1周を告げる鐘の音とともに久保凛(東大阪大敬愛高2大阪)がトップに立った。バックストレートで大会3冠を目指した田中希実(New Balance)が外側から前に出かける場面もあったが、「残り250mから仕掛けようと考えていたので、焦りありませんでした」と、一気にギアチェンジ。持ち味でもあるラストスパートで、みるみるうちに後ろとの差を広げ、真っ先にフィニッシュに駆け込んだ。タイムも2分03秒13と、2週間前のインターハイ近畿大会でマークした2分03秒50のU18日本記録を塗り替えるレコードとなった。 高校記録(2分02秒57)を持つ塩見綾乃(岩谷産業)が引っ張り、400mは61秒で通過。久保としては59~60秒で通過する想定だったため、目指していた高校記録には届かなかった。「優勝できたことは自信になりますが、記録も狙っていたので、その部分は残念」と、勝てた喜びとともに、悔しさも募る。 それでも、5月の静岡国際など春のグランプリシリーズを含めシニア勢に4連勝。もちろん高校生にも負けずに前半シーズンを駆け抜けた。U18世代では、6月末時点で今季世界リストでも3位、U20でも10位につける。「世界には1分台の選手が大勢いる。高校記録を今年中に塗り替え、来年は日本記録(2分00秒45)。ゆくゆくは田中さんのように、世界を舞台に戦える選手になりたい」と志を高く持つ。 男子は、前日の予選で日本記録に0.07秒と迫る1分45秒82という衝撃のレースを演じた落合晃(滋賀学園高3滋賀)が、再び主役に。U20日本新、そして高校新、大会新を樹立した疲れも懸念されたが、1周目から先頭を引っ張るレースを展開し、1分46秒56で初優勝。それでもなお、「パリ五輪の標準突破(1分44秒70)を目指してやってきたので、それが叶わず残念です」とフィニッシュ後には悔しさでトラックに拳をぶつけた。 「記録を狙う上で1周目を51秒前後では入りたかった」とシニア勢を差し置き、スタート直後から積極的に飛ばしレースを支配。ただ、「自分の感覚としては51秒台で行っているつもり」という1周目が53秒と、1秒あまりの誤差が生じてた。 2周目も最後まで力を振り絞ったものの、タイムは及ばず。レース後には「(51秒で)行けていない時点でもう一段階上の力が必要だった」とつぶやいた。 昨夏、インターハイを大会新記録の1分47秒92で制して以降、今季の目標をパリ五輪出場と決め、ここまで突き進んできた。「今回、日本人が誰も行っていないタイム(1分44秒台)を目指してやってきたからこと、予選の記録にもつながりました。高い目標に挑んでいなければ、今回の優勝も45秒台の記録もなかったと思います」と落合。 パリ五輪の挑戦は幕を閉じたが、得るものの大きかった。この後の目標はまだ決めていないと言うものの、「800mはもちろん、1500mも5000mも、そして駅伝でもしっかり走れるように練習を積んでいきたい」と気持ちが切れることはない。 5000mや10000mとは異なり、世界とやや距離のある800m。新潟を舞台に繰り広げられた高校生の果敢なチャレンジが、その壁をぶち破る起爆剤となる。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

編集部コラム「あの景色を忘れない」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り言、取材の裏話、どーでもいいこと […]

NEWS 男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top