HOME 国内

2024.06.17

パリ五輪代表・大迫傑「日々、アップデートして常に進化していくことで、他をリードする存在になれる」シューズへのこだわりも語る
パリ五輪代表・大迫傑「日々、アップデートして常に進化していくことで、他をリードする存在になれる」シューズへのこだわりも語る

インタビューに応じた大迫傑(NIKE) 写真/ナイキ

男子マラソンで東京五輪6位、パリ五輪代表にも内定している大迫傑(Nike)が、契約するNikeが開いた合同取材会でインタビューに応じた。

大迫は1983年の発売以降進化を続けているナイキのペガサスシリーズ最新作「ナイキ ペガサス 41」が6月5日に発売されたことを受け、「フルモデルチェンジした印象。足を入れただけでアップデートされたことを感じました」と語る。

自身のシューズの履き分けやこだわりについても明かし、「ナイキの場合はシューズの選択肢が多いので、自分の中でこういう練習の時はこういうシューズを履きたいというイメージで選ぶ」と、メニューによって選んでいるという。練習の中で「いろいろと試して」合ったシューズを選択しているようだ。

テクノロジーの進化に合わせて自らもアップロードしていく(写真/ナイキ)

ペガサスについては「全てのバランスが良いシューズで、このバランスの良さが、⻑年気に⼊っている理由の⼀つ。前作よりもクッション性が増しているだけでなく、反発もしっかりともらえるシューズに進化している。使い方は変わらず、新しいペガサス 41 も、⼀番よく履き、距離を⾛るシューズであることは間違いないです。」と話し、その他のシューズでは「速いロングランではヴェイパーフライやアルファフライを履きます」と言う。

ただ、「新しいペガサス 41 は僕が好きだったペガサス ターボに感覚が似ているので、今後はミディアムから速いロングランの間でも使用するかもしれません」と語った。

日々、進化を続けるテクノロジーに、アスリートとしての自分も重ねている。

「ナイキは常に振り返らずシューズのアップデートを続けています。どんな些細な箇所でも試行錯誤を繰り返し、進化させてきたことによって今のようなブランドになったのだと思います。この姿勢が重要で、陸上選手にも同じことが言えます。練習内容など人目に触れない部分も日々アップデートし、常に進化していくことで、長いスパンで見た時に他をリードしていくような存在になれるのだと思っています」

これまで、トラック、マラソンと数々の金字塔を打ち立てるだけでなく、海外を拠点とするなど扉を開いてきた大迫。マラソンでは2度目となる夏の大一番でも進化し続ける走りを示す。

男子マラソンで東京五輪6位、パリ五輪代表にも内定している大迫傑(Nike)が、契約するNikeが開いた合同取材会でインタビューに応じた。 大迫は1983年の発売以降進化を続けているナイキのペガサスシリーズ最新作「ナイキ ペガサス 41」が6月5日に発売されたことを受け、「フルモデルチェンジした印象。足を入れただけでアップデートされたことを感じました」と語る。 自身のシューズの履き分けやこだわりについても明かし、「ナイキの場合はシューズの選択肢が多いので、自分の中でこういう練習の時はこういうシューズを履きたいというイメージで選ぶ」と、メニューによって選んでいるという。練習の中で「いろいろと試して」合ったシューズを選択しているようだ。 [caption id="attachment_138304" align="alignnone" width="800"] テクノロジーの進化に合わせて自らもアップロードしていく(写真/ナイキ)[/caption] ペガサスについては「全てのバランスが良いシューズで、このバランスの良さが、⻑年気に⼊っている理由の⼀つ。前作よりもクッション性が増しているだけでなく、反発もしっかりともらえるシューズに進化している。使い方は変わらず、新しいペガサス 41 も、⼀番よく履き、距離を⾛るシューズであることは間違いないです。」と話し、その他のシューズでは「速いロングランではヴェイパーフライやアルファフライを履きます」と言う。 ただ、「新しいペガサス 41 は僕が好きだったペガサス ターボに感覚が似ているので、今後はミディアムから速いロングランの間でも使用するかもしれません」と語った。 日々、進化を続けるテクノロジーに、アスリートとしての自分も重ねている。 「ナイキは常に振り返らずシューズのアップデートを続けています。どんな些細な箇所でも試行錯誤を繰り返し、進化させてきたことによって今のようなブランドになったのだと思います。この姿勢が重要で、陸上選手にも同じことが言えます。練習内容など人目に触れない部分も日々アップデートし、常に進化していくことで、長いスパンで見た時に他をリードしていくような存在になれるのだと思っています」 これまで、トラック、マラソンと数々の金字塔を打ち立てるだけでなく、海外を拠点とするなど扉を開いてきた大迫。マラソンでは2度目となる夏の大一番でも進化し続ける走りを示す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top