月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【連載コラム】NGT48西村菜那子の陸上日記#27

連載27区
「日本選手権を観戦してきました!」

研究生の大塚七海を誘って観戦しました

みなさん、こんばんは!

今月1日(木)~3日(土)にかけて、第104回日本陸上競技選手権大会(日本選手権)が新潟県・デンカビッグスワンスタジアムにて開催されました。

新型コロナウイルスの影響で、今年は多くの大会が無観客試合となっていましたが、今回は新潟県在住者限定、各日 2000 名の条件で来場が許可されました。

現在、新潟県に住んでいる私は歓喜! 初日だけですがスケジュールが合ったので、念願の現地での観戦が叶いました。

とはいえ、私1人で行くのも心細いですし、せっかくならNGT48の後輩にも陸上の楽しさを少しでも伝えられたらと思い、スポーツ観戦が好きな研究生の大塚七海を誘い、2人でスタジアムへ向かいました。

テレビで見ていた選手たちに興奮!

14時まで仕事があったため、スタジアムに着いたのは15時過ぎでしたが、トラックでは男子100m予選が行われていました。フィニッシュ付近の席は既に混雑していたため、座ったのは空いていたスタート位置近くの席。

選手が入場し、スターティングブロックを調整する姿を間近で見られるのは初めて。とても新鮮でした。

また、走る直前に胸に手を当てている選手や、目を閉じて全神経を集中させている方など、それぞれの出走前ルーティンを知ることができました。スタート位置の近くだからこそ見ることができた光景ですね。

さらに、いつもテレビで拝見していた桐生祥秀選手(日本生命)やケンブリッジ飛鳥選手(Nike)、小池祐貴選手(住友電工)といった日本を代表する短距離ランナーの走りを目に焼きつけることができ、大変貴重な経験をさせていただきました。

そんななか、この日のレースで私が1番楽しみにしていた種目は1500m予選です。女子の注目は、田中希実選手(豊田自動織機TC)。今年7月に行われたホクレン・ディスタンスチャレンジでは3000mで18年ぶりに日本記録を更新。8月のセイコー・ゴールデングランプリ でも1500mで14年ぶりに日本記録を塗り替えるなど、現在最も注目を集めている選手と言っても過言ではありません。

田中選手のオーラに感動しました(※写真は決勝)

私はこの種目が始まる際に席を移動し、1500mのスタート位置である第2コーナー付近にいました。入場する選手や走る直前の様子を近くで拝見できたのですが、田中選手の〝絶対に負けない〟という気迫が感じられ鳥肌が立ちました。田中選手を知らずにいた一緒に観戦していた大塚も、田中選手を見た時、「速そう……」と漏らしていたほどでした。

その気迫のまま、田中選手は号砲と同時にすさまじいスピードで独走。その後も後続との差詰められることなく圧倒的な強さで予選組1着通過を果たしました。田中選手の持ち味は、大きく腕を振り、序盤から果敢に攻める走り。これまでテレビや映像のみで拝見してきましたが、その走りを生で観ることができて大満足でした。

1500mに〝同期〟がたくさん!

男子1500m予選では、駅伝でも馴染みのある選手が多数出場していました。

中央大学をこの秋に卒業した舟津彰馬選手は、九電工のユニフォームを着て走るのは今回が初。駅伝の伝統校・中央大学で、1年時にチームのキャプテンを任され、入学当初から強力なインパクトを残してきた選手です。2017年の日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)では1500mに出場し、見事優勝をするなどスピードランナーとして知られています。

予選2組に登場した舟津選手は、見事トップ通過を果たし、翌日の決勝出場を手にしました。舟津選手に続き予選2位となったのは館澤亨次選手(横浜DeNA)。今年の箱根駅伝では6区を走り、区間新記録を樹立した姿は、みなさんの記憶にも新しいかと思われます。

翌日の決勝ではスタートから先頭に立ち、レースを牽引。レース展開を自らが作り上げ、最後まで先頭を譲らずに見事優勝を成し遂げました。最初から攻めの姿勢でトップを勝ち取った館澤選手の姿にSNS上にも称賛する声で溢れていました。2年ぶり3回目の優勝となりましたが、昨年はケガで思うように進まず、もがき続けたシーズンでしたので、こうして復活した姿はとてもうれしい限りです。

男子1500mには同い年の選手がたくさん

また、今回1500mの決勝に出場した12名中、館澤選手含む6名が1997年生まれでした。私と同い年の世代が、こうして日本を代表するランナーとなっていることにすごく刺激を受けます。

トラック種目だけではなく、跳躍種目や投てき種目も観戦し、この日は新潟県の方々と共に陸上を楽しむことができました。

新潟県は地元愛とスポーツ愛に溢れる県です。例を挙げますと、サッカーのアルビレックス新潟。アルビレックスサポーターは、地元愛の強さがJリーグ屈指と言われていて、応援熱が一際目立っています。

また最近、NGT48はバスケットボールの新潟アルビレックスBBさんとさまざまな取り組みをさせていただいているのですが、そこでも地元チームへの声援の熱さを感じます。アルビBBさんはチームとファンとの距離の近さが魅力で、練習風景の一般公開を行っていたり(先日、メンバーも練習を見学させていただきました)、練習後は選手自らがショップに立ち、ブースター(ファン)対応していることもあるそうです。

そう言えば、アルビレックスには陸上選手(新潟アルビレックスRC)も所属されていますよね!

(新潟アルビレックスBBさんとNGT48の活動レポートは、こちらからご覧いただけます)

このように新潟県とスポーツは強い絆で結ばれていることを日々実感しているのですが、今回日本選手権が新潟で行われ、選手を熱心に応援している県民の方を目の当たりにし、あらためて新潟県の地元愛とスポーツ愛を確信することができました。

選手の皆様、お疲れさまでした。素敵な大会を観戦することができて本当に幸せでした。またいつか、この新潟で陸上大会が開催され、この場所でお会いできることを楽しみにしています。


2000人限定ながら観戦できて幸せでした!

※Twitterのハッシュタグ「」で感想や質問、コラムの内容など随時募集中!

前回の記事はこちら

©️AKS
NGT48 西村菜那子(にしむら・ななこ)
1997年8月11日生/O型/長野県出身
特技:クラシックバレエ、歴代の箱根駅伝の優勝校を暗記
趣味:陸上観戦、サッカー観戦
2015年にNGT48第1期生オーディションに合格。両親の影響で幼い頃から駅伝を好きになる。アイドルとしての活動を続ける中で、自身のSNSを通して陸上競技に関する情報を発信。駅伝関連のメディア出演も多数。

西村菜那子モバイルサイト
●Information
NGT48 5thシングル『シャーベットピンク』発売中!©︎Flora
今作は、在籍メンバー30名全員が参加する「最初で最後の30人全員選抜」

最新情報はNGT48公式HPまで
舞台『風が強く吹いている』6月10日~17日公演予定※新型コロナウイルスの影響で延期となりました。詳細は公式HPまで

 



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com