月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【TF】WAコー会長が国立競技場を視察「世界選手権を開催したい」


国立競技場を視察したコー会長(Photo by Tokyo 2020 / Shugo TAKEMI)
10月8日、世界陸連(WA)のセバスチャン・コー会長が、東京五輪のメイン会場となる国立競技場を視察した。コー会長は「感銘を受けた。持続可能性が高い美しいスタジアム。日本、五輪のレガシー(遺産)になる」と高く評価。オリンピック委員会(IOC)の委員、東京五輪のIOC調整委員会委員も務めている同氏は、来年に延期された東京五輪について、「陸上は五輪の最も重要な競技。東京五輪を成功させたい。アスリートが最高のパフォーマンスを実現できると思う。来夏が今から楽しみだ」と語った。

また、コー会長は1991年の東京世界選手権が旧国立競技場で行われたことについて「今までで一番素晴らしい大会だった」と触れ、将来的に「世界選手権を日本に持ってきたいと考えており、できれば国立競技場で開催したい」と述べた。そのため、五輪後は解体されることも検討されているサブトラックについて、「ウォーミングアップエリアも維持してほしい」と求めた。また、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長と都内で会談し、そこでも「私の任期中に東京で世界選手権を開催できれば。91年東京、07年大阪と2回開催しており、陸上に非常に貢献してくれている」と強調した。午後には世界選手権は奇数年に開催。2021年に開催予定だった米国・ユージンは五輪延期に伴い22年にスライド、23年はハンガリー・ブダペストでの開催が決まっている。

コー会長は現役時代、英国代表として1980年モスクワ、84年ロサンゼルス五輪男子1500mを連覇。15年から世界陸連会長を務めている。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com