HOME 国内

2024.06.03

衛藤昂、中野瞳のジャンパー夫妻に第一子誕生!「喜びの気持ちでいっぱい」
衛藤昂、中野瞳のジャンパー夫妻に第一子誕生!「喜びの気持ちでいっぱい」

24年日本選手権室内で男子走高跳を制した衛藤昂

男子走高跳のリオ、東京五輪代表・衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)と女子走幅跳の中野瞳(KAGOTANI)がそろってSNSを更新し、2人の間に第一子となる女の子が誕生したことを明かした。

2人は22年2月5日、衛藤の誕生日に婚姻届を提出。同学年で、筑波大院では同期だった。21年8月には一般社団法人「Jump Festival」を立ち上げ、跳躍種目を盛り上げるイベントなどを開催してきた。

衛藤は鈴鹿高専から筑波大院、味の素AGFへと進み、2016年リオ、東京の両五輪に出場。東京五輪でいったんは現役を退いたが、今年から本格的に競技会に復帰しており、現在はパリ五輪の出場権を得られるワールドランキングでも出場圏内が見える位置にきている。自己ベストは日本歴代6位タイの2m30を持つ。

中野は兵庫・長田高2年時に現在もU20日本記録・高校記録として残る6m44をマーク。三段跳でも2018年に13mオーバーを果たしている。

SNSでは衛藤が「先日、第一子となる女の子が誕生しました。今は無事に産まれてきてくれたことに喜びの気持ちでいっぱいです。家族ともども、これからもよろしくお願いします」というコメントとともに家族3人の写真を公開。中野は長女の小さな足元の写真を添えて「先日、女の子を出産しました。たくさんの方々に支えていただきこの日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを伝えた。

男子走高跳のリオ、東京五輪代表・衛藤昂(神戸デジタル・ラボ)と女子走幅跳の中野瞳(KAGOTANI)がそろってSNSを更新し、2人の間に第一子となる女の子が誕生したことを明かした。 2人は22年2月5日、衛藤の誕生日に婚姻届を提出。同学年で、筑波大院では同期だった。21年8月には一般社団法人「Jump Festival」を立ち上げ、跳躍種目を盛り上げるイベントなどを開催してきた。 衛藤は鈴鹿高専から筑波大院、味の素AGFへと進み、2016年リオ、東京の両五輪に出場。東京五輪でいったんは現役を退いたが、今年から本格的に競技会に復帰しており、現在はパリ五輪の出場権を得られるワールドランキングでも出場圏内が見える位置にきている。自己ベストは日本歴代6位タイの2m30を持つ。 中野は兵庫・長田高2年時に現在もU20日本記録・高校記録として残る6m44をマーク。三段跳でも2018年に13mオーバーを果たしている。 SNSでは衛藤が「先日、第一子となる女の子が誕生しました。今は無事に産まれてきてくれたことに喜びの気持ちでいっぱいです。家族ともども、これからもよろしくお願いします」というコメントとともに家族3人の写真を公開。中野は長女の小さな足元の写真を添えて「先日、女の子を出産しました。たくさんの方々に支えていただきこの日を迎えられたことに感謝の気持ちでいっぱいです」と喜びを伝えた。

衛藤昂・中野瞳夫婦に第一子となる女の子が誕生!家族のスリーショットをチェック

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top