HOME 国内、大学

2024.06.02

110mH・阿部竜希が13秒35!!学生歴代4位の快走 飛躍に五輪も視野に「日本選手権2位を目標」/布勢スプリント
110mH・阿部竜希が13秒35!!学生歴代4位の快走 飛躍に五輪も視野に「日本選手権2位を目標」/布勢スプリント

24年布勢スプリント男子110mHで自己新をマークした阿部竜希

◇布勢スプリント2024(6月2日/鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場)

日本グランプリシリーズG2の布勢スプリントが行われ、男子110mハードルは徐卓一(中国)が13秒22(+1.3)の自己新をマークして優勝。「パリ五輪のファイナルを目指したい」と目標を語った。

2位にも中国の秦佛博が13秒29で続き、日本人トップの3位に入ったのが順大の阿部竜希。予選で13秒44(+0.7)、決勝ではさらにタイムを短縮して13秒35をマークした。この記録は日本歴代8位で、学生歴代では順大の先輩である村竹ラシッド(現・JAL/13秒04)、泉谷駿介(現・住友電工/13秒06)、豊田兼(慶大/13秒29)に次いで4位となる。

4月に追い風ながら13秒36(+3.4)を出していたが、公認では織田記念の13秒52がベスト。関東インカレも完勝している、伸び盛りのハードラーだ。

決勝の前半は「失敗した」と言うように、ハードルに何度も接触してしまったが、中盤以降は「自分の走りができました」と前を行く中国勢をしっかりと追いかけた。それでも「予選のほうが良いレースでした。風もあったので(パリ五輪参加標準記録の)13秒27に行きたかった。決勝は甘さが出ましたね」と冷静に振り返る。

1年時にU20世界選手権にも出場。191cmの長身が武器だ。しかし、昨年の夏以降、腰椎分離症で苦しんだという。「そこでフィジカルトレーニングをしたり、苦手な部分を改善できたのが一番大きいです」と飛躍の要因を話す。

参加標準記録も視界に入るほどの成長曲線を描き、さらにはポイントでのワールドランキングでの出場資格を得る可能性もある。すでに先輩の泉谷が代表に内定。村竹、野本周成(愛媛競技力本部)も参加標準記録を突破している。

「出るだけじゃなく、世界で戦うためには標準突破したい。ただ、ランキングでの可能性もあるので、まずは日本選手権で2位以内に入ることをターゲットに頑張ります」と言葉に力を込めた。

◇布勢スプリント2024(6月2日/鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場) 日本グランプリシリーズG2の布勢スプリントが行われ、男子110mハードルは徐卓一(中国)が13秒22(+1.3)の自己新をマークして優勝。「パリ五輪のファイナルを目指したい」と目標を語った。 2位にも中国の秦佛博が13秒29で続き、日本人トップの3位に入ったのが順大の阿部竜希。予選で13秒44(+0.7)、決勝ではさらにタイムを短縮して13秒35をマークした。この記録は日本歴代8位で、学生歴代では順大の先輩である村竹ラシッド(現・JAL/13秒04)、泉谷駿介(現・住友電工/13秒06)、豊田兼(慶大/13秒29)に次いで4位となる。 4月に追い風ながら13秒36(+3.4)を出していたが、公認では織田記念の13秒52がベスト。関東インカレも完勝している、伸び盛りのハードラーだ。 決勝の前半は「失敗した」と言うように、ハードルに何度も接触してしまったが、中盤以降は「自分の走りができました」と前を行く中国勢をしっかりと追いかけた。それでも「予選のほうが良いレースでした。風もあったので(パリ五輪参加標準記録の)13秒27に行きたかった。決勝は甘さが出ましたね」と冷静に振り返る。 1年時にU20世界選手権にも出場。191cmの長身が武器だ。しかし、昨年の夏以降、腰椎分離症で苦しんだという。「そこでフィジカルトレーニングをしたり、苦手な部分を改善できたのが一番大きいです」と飛躍の要因を話す。 参加標準記録も視界に入るほどの成長曲線を描き、さらにはポイントでのワールドランキングでの出場資格を得る可能性もある。すでに先輩の泉谷が代表に内定。村竹、野本周成(愛媛競技力本部)も参加標準記録を突破している。 「出るだけじゃなく、世界で戦うためには標準突破したい。ただ、ランキングでの可能性もあるので、まずは日本選手権で2位以内に入ることをターゲットに頑張ります」と言葉に力を込めた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top