HOME 国内

2024.06.02

100mH福部真子「70%くらいの感覚」も12秒99でV!五輪懸けた日本選手権へ弾み/布勢スプリント
100mH福部真子「70%くらいの感覚」も12秒99でV!五輪懸けた日本選手権へ弾み/布勢スプリント

24年布勢スプリント女子100mHを制した福部真子

◇布勢スプリント2024(6月2日/鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場)

日本グランプリシリーズG2の布勢スプリントが行われ、女子100mハードルは福部真子(日本建設工業)が12秒99(+1.9)で優勝した。

自身が初めて12秒台を出した地。雨が降る中でのウォーミングアップ、そして10時過ぎという早い時間の予選で13秒05(+1.2)をマークする。

決勝は前半こそ「良いリズム感でいけた」というが、「中盤以降、もう一回乗っていこうというところで、いったん(身体が)下がってしまった」と振り返る。12秒77のパリ五輪参加標準記録をターゲットに置いているだけに、「今日のレースも70%くらいの感覚」とし、「12秒77への欲が出すぎて急ぎ過ぎている」と反省する。それでもただ1人12秒台をマークして、日本記録保持者(12秒73)の貫禄を示した。

昨年はただ1人、ブダペスト世界選手権の参加標準記録を切りながらも日本選手権で4位となって代表入りを逃した。ただ、福部が目指すのは世界大会への「出場」ではなく、「戦う」こと。そのために、12秒7や6台といったところも見据えている。

ワールドランキングを考えながら、日本選手権で3位以内を死守するという戦いかたもあるが、「優勝しか狙っていない。優勝のためには12秒7台がないと確実ではないと思う。どっちも狙っていきたい」と揺らぐことはない。

自身初のオリンピックへ。「すごくスプリントが良くなっているので、日本選手権ではもう一度、あのとき(日本記録)に近い走りができればと思います」と、3週間でしっかり仕上げていくつもりだ。

◇布勢スプリント2024(6月2日/鳥取・ヤマタスポーツパーク陸上競技場) 日本グランプリシリーズG2の布勢スプリントが行われ、女子100mハードルは福部真子(日本建設工業)が12秒99(+1.9)で優勝した。 自身が初めて12秒台を出した地。雨が降る中でのウォーミングアップ、そして10時過ぎという早い時間の予選で13秒05(+1.2)をマークする。 決勝は前半こそ「良いリズム感でいけた」というが、「中盤以降、もう一回乗っていこうというところで、いったん(身体が)下がってしまった」と振り返る。12秒77のパリ五輪参加標準記録をターゲットに置いているだけに、「今日のレースも70%くらいの感覚」とし、「12秒77への欲が出すぎて急ぎ過ぎている」と反省する。それでもただ1人12秒台をマークして、日本記録保持者(12秒73)の貫禄を示した。 昨年はただ1人、ブダペスト世界選手権の参加標準記録を切りながらも日本選手権で4位となって代表入りを逃した。ただ、福部が目指すのは世界大会への「出場」ではなく、「戦う」こと。そのために、12秒7や6台といったところも見据えている。 ワールドランキングを考えながら、日本選手権で3位以内を死守するという戦いかたもあるが、「優勝しか狙っていない。優勝のためには12秒7台がないと確実ではないと思う。どっちも狙っていきたい」と揺らぐことはない。 自身初のオリンピックへ。「すごくスプリントが良くなっているので、日本選手権ではもう一度、あのとき(日本記録)に近い走りができればと思います」と、3週間でしっかり仕上げていくつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top