HOME 国内

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆
新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

アディダスのイベントに出席した新谷仁美(積水化学)

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。

今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日本人トップの6位。決して悪いタイムではないものの、日本記録(2時間18分59秒)の更新を目指していただけに悔し涙に暮れた。

かねてより、オリンピックや世界大会出場ではなく、日本記録更新を掲げて競技を続けている新谷。これまで「目標(の試合)を立てて、逆算して計画を立ててやってきた」が、「緊張感を持てる」一方で「ストレスになって悪いほうに影響する」ことも多かったという。

一度は現役を引退して復帰。東京五輪は10000mで出場した。翌22年に自身13年ぶりにマラソン挑戦すると、3月の東京で2時間21分17秒をマークし、夏のオレゴン世界選手権代表にもなった(体調不良で欠場)。昨年1月のヒューストンでは日本歴代2位となる2時間19分24秒で優勝。その後、ベルリン(2時間23分08秒で11位)、そして今年の東京も本調子とはいかず、「ごまかしながら練習してきたというのが、(コーチの)横田(真人)さんとの共通認識」だという

そのため、今は「マラソンで日本記録更新という目標は変えないですが、タイミングは決めていない。とはいっても、時間があるからのんびりしているのではないですが、まずはベースをしっかり作り直して再構築している」状態だと話す。

日本記録更新は「私が言い始めたことなので、自分で終わらせなきゃいけない」と強い決意をにじませる。マラソン再挑戦したことで、改めて「5000mや10000mと同じで、ごまかしがきかない。土台作りを徹底しないと距離を延ばすことができないと気づけた」という。アディダスや横田コーチをはじめとするスタッフ陣など、「私をサポートしてくれる人たちに形として返したいというのが一番の強い思い」だ。

来夏の東京世界選手権については暑さもあることから「パフォーマンスを考えるとデメリットがある。今のところマラソンではなく、トラックなら可能性があるかも」とし、マラソンについては「その次の五輪のほうが、と横田コーチらと話している」と40歳で迎えることになる2028年ロス五輪のほうが「現実的」と語った。

この日は普段から「ベースシューズはこれ一択」と言うほど愛用している「ADIZERO SL 2」が6月1日に発売されるのを前に、メディアや全国のショップスタッフが参加するイベント「adidas ADIZERO SL 2 ATHLETE SESSION」が開かれ、一緒に汗を流した。「シューズの魅力を共有できる楽しいイベントでした」と笑顔を見せる。

日常のジョグからクロカンコースまで「これ一足あれば大丈夫。安定感も高まって反発性も向上した」とコメント。進化し続けるシューズに「そのお陰で記録が出ているというのが最初の頃は受け入れられていなくて、自分が頑張っているのに、という反骨精神もありましたが、受け入れて、シューズとともに人間も進化していかなければ、ずっと『シューズのお陰』と言われ続けてしまう。シューズを生かすことが重要」と持論を展開した。

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日本人トップの6位。決して悪いタイムではないものの、日本記録(2時間18分59秒)の更新を目指していただけに悔し涙に暮れた。 かねてより、オリンピックや世界大会出場ではなく、日本記録更新を掲げて競技を続けている新谷。これまで「目標(の試合)を立てて、逆算して計画を立ててやってきた」が、「緊張感を持てる」一方で「ストレスになって悪いほうに影響する」ことも多かったという。 一度は現役を引退して復帰。東京五輪は10000mで出場した。翌22年に自身13年ぶりにマラソン挑戦すると、3月の東京で2時間21分17秒をマークし、夏のオレゴン世界選手権代表にもなった(体調不良で欠場)。昨年1月のヒューストンでは日本歴代2位となる2時間19分24秒で優勝。その後、ベルリン(2時間23分08秒で11位)、そして今年の東京も本調子とはいかず、「ごまかしながら練習してきたというのが、(コーチの)横田(真人)さんとの共通認識」だという そのため、今は「マラソンで日本記録更新という目標は変えないですが、タイミングは決めていない。とはいっても、時間があるからのんびりしているのではないですが、まずはベースをしっかり作り直して再構築している」状態だと話す。 日本記録更新は「私が言い始めたことなので、自分で終わらせなきゃいけない」と強い決意をにじませる。マラソン再挑戦したことで、改めて「5000mや10000mと同じで、ごまかしがきかない。土台作りを徹底しないと距離を延ばすことができないと気づけた」という。アディダスや横田コーチをはじめとするスタッフ陣など、「私をサポートしてくれる人たちに形として返したいというのが一番の強い思い」だ。 来夏の東京世界選手権については暑さもあることから「パフォーマンスを考えるとデメリットがある。今のところマラソンではなく、トラックなら可能性があるかも」とし、マラソンについては「その次の五輪のほうが、と横田コーチらと話している」と40歳で迎えることになる2028年ロス五輪のほうが「現実的」と語った。 この日は普段から「ベースシューズはこれ一択」と言うほど愛用している「ADIZERO SL 2」が6月1日に発売されるのを前に、メディアや全国のショップスタッフが参加するイベント「adidas ADIZERO SL 2 ATHLETE SESSION」が開かれ、一緒に汗を流した。「シューズの魅力を共有できる楽しいイベントでした」と笑顔を見せる。 日常のジョグからクロカンコースまで「これ一足あれば大丈夫。安定感も高まって反発性も向上した」とコメント。進化し続けるシューズに「そのお陰で記録が出ているというのが最初の頃は受け入れられていなくて、自分が頑張っているのに、という反骨精神もありましたが、受け入れて、シューズとともに人間も進化していかなければ、ずっと『シューズのお陰』と言われ続けてしまう。シューズを生かすことが重要」と持論を展開した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top