HOME 高校・中学

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦
【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

今年の全国大会すべてで優勝を狙う谷口選手(提供写真)

FOCUS! 高校生INTERVIEW
谷口 海斗 Taniguchi kaito
中京大中京高3愛知
注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年のU18大会覇者で、今年は夏のインターハイ優勝がターゲット。5月18日のインターハイ愛知県大会では自己ベストを9cm更新する5m11の県高校新記録に成功。夏の栄冠へ調子を上げています。

余裕を感じた自己ベスト

――愛知県大会では25年ぶりに県高校記録を1cm更新する5m11を跳びました。
谷口 4月に腰を痛めてしまい、そこから記録があまり良くない試合が続きましたが、マッサージなどでケアに努め、比較的良い状態で臨めました。大会記録(5m01)はもちろん、県高校記録更新も狙っていたので、達成できて素直にうれしいです。

――試合中、腰の状態はいかがでしたか。
谷口 不安はありましたが、朝からすごく走れていたので記録を狙って行けるなと、思いました。

――県大会はどんなプランで臨み、実際計画通りにできましたか。
谷口 指導者の父(中京大中京高顧問の直土先生)と相談し、まずは東海大会の出場権を決めることを目指して4m60から開始しました。大会新となる5m02は、1回目に使った15.7フィート165ポンドのポールも、2回目の16フィート160ポンドのポールも柔らかい感覚があって失敗しましたが、3回目で硬い15.7フィート170ポンドを使ったら跳べました。5m11もそのままで、うまくアップライトも合って1回でクリアできました。

――県高校記録の更新へ練習はいかがでしたか。
谷口 ダウンヒル(下り坂の助走路)で、6歩助走でも全助走の時と同じポールが使える移動式の器具があり、それでたくさん跳躍練習をしました。高い高さのゴムバーも跳べていたので、腰の状態さえ悪くなければ跳べるという自信はありました。

――5m11を跳び、今までの高さと比べて、感覚や景色の違いを教えてください。
谷口 反発の乗り方が違うと感じましたし、空中での景色もまったく違いました。でも、5m11はまだ余裕がありました。その後、5m21はかみ合わずに跳べませんでしたが、まだまだ行けるはずという自信になりました。

――それまでのベストは昨年のU18大会で跳んだ5m02でした。記録を9cm更新できた要因は。
谷口 昨年と変わったのは、助走のスピードが上がったことと筋力もついたことだと思います。冬季などは走り込みも多かったですし、身体作りもしたので確実にパワーアップしていると思います。

――走り込みや身体作りは具体的にどんなことを取り組みましたか。
谷口 走り込みは練習でよく使っている競技場が1周300mしかなく、そこで300mのエンドレスリレーや200m、150m、150m×3をTT(タイムトライアル)でやったり、ちょっと長めの距離を走ったりしました。身体作りでは、ウエイトトレーニングこそあまりしませんが、鉄棒で懸垂をしたり、腕立て伏せをしたりと。鉄棒は昼食を早く終えて、午後の授業が始まる前に後輩と一緒にやることが多かったです。

――高校最後の今季はどんな目標を掲げてスタートしましたか。
谷口 2024年は、2月の日本室内大阪大会U18(すでに優勝)、6月のU20日本選手権、8月のインターハイ、10月の国民スポーツ大会をすべて優勝して4冠を達成するという目標を立てました。U20世界選手権にも出場したいです。記録の面では、父が社会人の時に出した5m31を越えたいです。

――跳躍練習はどれくらいの頻度で行っていますか。
谷口 週2回ぐらいです。跳躍練習の日は気持ちがウキウキして、朝から「今日は良い跳躍をするぞ」と楽しみで仕方ないです。跳躍練習以外の日は走ったり、身体作りをしたりしています。

――谷口選手が思う棒高跳の魅力は。
谷口 棒1本だけで、自分の身長の何倍も高いバーを跳び越えた時の達成感です。

――ご自身の強みを教えてください。
谷口 助走はそれほど速くありませんが、身長が高いほうなのでポールの握りが上がって、筋力がなくてもポールが使えるところかなと。あとは入りの部分で、ポールを曲げて突っ込むまでの動作です。ただ、その部分はいつの間にか身についていた感じです。

――練習ではどんなことを意識していますか。
谷口 自分が前回の試合や練習で良くなかったところや、現在の課題の修正を意識しています。課題は空中動作でポールの反発をうまくもらえていないことで、握りだけで跳んでしまう感覚もあるので、ポールが曲がっているうちに、そのまま上方向に力を伝えられるように取り組んでいます。

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年のU18大会覇者で、今年は夏のインターハイ優勝がターゲット。5月18日のインターハイ愛知県大会では自己ベストを9cm更新する5m11の県高校新記録に成功。夏の栄冠へ調子を上げています。

余裕を感じた自己ベスト

――愛知県大会では25年ぶりに県高校記録を1cm更新する5m11を跳びました。 谷口 4月に腰を痛めてしまい、そこから記録があまり良くない試合が続きましたが、マッサージなどでケアに努め、比較的良い状態で臨めました。大会記録(5m01)はもちろん、県高校記録更新も狙っていたので、達成できて素直にうれしいです。 ――試合中、腰の状態はいかがでしたか。 谷口 不安はありましたが、朝からすごく走れていたので記録を狙って行けるなと、思いました。 ――県大会はどんなプランで臨み、実際計画通りにできましたか。 谷口 指導者の父(中京大中京高顧問の直土先生)と相談し、まずは東海大会の出場権を決めることを目指して4m60から開始しました。大会新となる5m02は、1回目に使った15.7フィート165ポンドのポールも、2回目の16フィート160ポンドのポールも柔らかい感覚があって失敗しましたが、3回目で硬い15.7フィート170ポンドを使ったら跳べました。5m11もそのままで、うまくアップライトも合って1回でクリアできました。 ――県高校記録の更新へ練習はいかがでしたか。 谷口 ダウンヒル(下り坂の助走路)で、6歩助走でも全助走の時と同じポールが使える移動式の器具があり、それでたくさん跳躍練習をしました。高い高さのゴムバーも跳べていたので、腰の状態さえ悪くなければ跳べるという自信はありました。 ――5m11を跳び、今までの高さと比べて、感覚や景色の違いを教えてください。 谷口 反発の乗り方が違うと感じましたし、空中での景色もまったく違いました。でも、5m11はまだ余裕がありました。その後、5m21はかみ合わずに跳べませんでしたが、まだまだ行けるはずという自信になりました。 ――それまでのベストは昨年のU18大会で跳んだ5m02でした。記録を9cm更新できた要因は。 谷口 昨年と変わったのは、助走のスピードが上がったことと筋力もついたことだと思います。冬季などは走り込みも多かったですし、身体作りもしたので確実にパワーアップしていると思います。 ――走り込みや身体作りは具体的にどんなことを取り組みましたか。 谷口 走り込みは練習でよく使っている競技場が1周300mしかなく、そこで300mのエンドレスリレーや200m、150m、150m×3をTT(タイムトライアル)でやったり、ちょっと長めの距離を走ったりしました。身体作りでは、ウエイトトレーニングこそあまりしませんが、鉄棒で懸垂をしたり、腕立て伏せをしたりと。鉄棒は昼食を早く終えて、午後の授業が始まる前に後輩と一緒にやることが多かったです。 ――高校最後の今季はどんな目標を掲げてスタートしましたか。 谷口 2024年は、2月の日本室内大阪大会U18(すでに優勝)、6月のU20日本選手権、8月のインターハイ、10月の国民スポーツ大会をすべて優勝して4冠を達成するという目標を立てました。U20世界選手権にも出場したいです。記録の面では、父が社会人の時に出した5m31を越えたいです。 ――跳躍練習はどれくらいの頻度で行っていますか。 谷口 週2回ぐらいです。跳躍練習の日は気持ちがウキウキして、朝から「今日は良い跳躍をするぞ」と楽しみで仕方ないです。跳躍練習以外の日は走ったり、身体作りをしたりしています。 ――谷口選手が思う棒高跳の魅力は。 谷口 棒1本だけで、自分の身長の何倍も高いバーを跳び越えた時の達成感です。 ――ご自身の強みを教えてください。 谷口 助走はそれほど速くありませんが、身長が高いほうなのでポールの握りが上がって、筋力がなくてもポールが使えるところかなと。あとは入りの部分で、ポールを曲げて突っ込むまでの動作です。ただ、その部分はいつの間にか身についていた感じです。 ――練習ではどんなことを意識していますか。 谷口 自分が前回の試合や練習で良くなかったところや、現在の課題の修正を意識しています。課題は空中動作でポールの反発をうまくもらえていないことで、握りだけで跳んでしまう感覚もあるので、ポールが曲がっているうちに、そのまま上方向に力を伝えられるように取り組んでいます。

両親、兄もボウルター

――陸上を始めたきっかけを教えてください 谷口 父も母(智恵さん、1998年アジア選手権3位)も元棒高跳選手で、兄(柊斗/中京大3年)も棒高跳をしています。そのため、幼い頃から棒高跳が身近にありました。小学1年生で入った愛知ハイテクACという陸上クラブでは6年生まで短距離でしたが、中学生から本格的に棒高跳を始めました。 ――中学では陸上部に入部しましたか。 谷口 いえ、中学には陸上部がありませんでした。父が知り合いのイチゴ農園の方から余っている土地を借りて、マットを置いてピットを立てた練習場があり、そこで跳んでいました。また、中学1年の終わりからコロナ禍で休校となったので、その場所に行って本当にたくさん練習しました。 ――その頃からお父さんから指導を受けていたのですか。 谷口 父の指導もあまりなく、水曜日と土曜日はクラブチームで走り、あとは自主練習でした。たまに父と跳躍練習に行くか、中京大中京高校の練習に参加させてもらっていました。 ――棒高跳の技術は順調に身につきましたか。 谷口 最初は本当に難しくて、やっと「楽しいな」と思い始めたのが、中学2年の夏頃です。申込資格記録を突破して臨んだ2020年の全国中学生大会は「No Mark(記録なし)」。それが悔しくて、「来年は本当にがんばるぞ」と意識が変わりました。 ――中学3年の茨城全中では3位に入っています。 谷口 ランキング的にも高いほうではなかったので、全国大会で入賞し、しかもメダルも取れてうれしかったはずです。ただ、優勝した選手が飛び抜けてすごかったので、「高校では絶対に勝ってやるぞ」という思いはありました。 ――中京大中京高に進んだ理由を教えてください。 谷口 兄が行っていた影響が一番大きいです。兄あってこその自分だと思っています。また、いろいろな種目で日本一をバンバン取っている中京大中京で、自分もインターハイで優勝するという思いで入りました。 ――指導者がお父さんというのはいかがですか。 谷口 やりづらさはなく、むしろやりやすいです。 ――あこがれの選手はいますか。 谷口 澤野大地さんは昔から見てきましたし、同じ愛知県出身の山本聖途さん(トヨタ自動車)や石川拓磨さん(東京海上日動CS)とは、関わりがあって気にかけてくれる方たちで、みんなあこがれです。 ――ライバルとして意識している選手は。 谷口 結城咲翔君(宮崎一3、自己ベスト5m00)は中学の頃から切磋琢磨していて、大きい大会でしか会えませんが、仲も良くて良いライバルです。 [caption id="attachment_136875" align="alignnone" width="800"] 昨年のU18大会で優勝を遂げた谷口選手[/caption] ――競技を続けていく中で、うまくいかない時はどう考えていますか。 谷口 「努力し続けたら結果はついてくる」。そう信じて気持ちをポジティブに持つようにしています。あとは中京大中京には競技力の高い仲間がいるので、苦しい時にフォローし合っています。 ――高校卒業後についてどう考えていますか。 谷口 地元への大学進学を考えていて、棒高跳をがんばります。低学年のうちからインカレ優勝を狙って、チームに貢献したい思いがあります。 ――競技以外で学校生活はいかがですか。 谷口 すごく充実しています。同じクラスには競泳男子800mリレーのパリ五輪代表に選ばれた村佐達也選手や、スノーボードのプロ選手がいて、自分もがんばろうという刺激をもらっています。 ――授業について好きな教科を教えてください。 谷口 体育は昔から好きですが、勉強はあまり得意ではありません。でも、集中することは競技にもつながると思うので、授業はしっかり受けています。 ――練習が休みの日はどのように過ごしていますか。 谷口 自宅でずっと寝ていることが多いです。友達と遊びに行きたい気持ちもありますが、遊ぶと次の日からの練習がすごく疲れるので、遊びたい気持ちは抑えています。 ――選手として、また競技以外での将来的な目標や夢はありますか。 谷口 選手としては国際大会にたくさん出場して、2028年のロサンゼルス五輪に出られたら最高です。競技以外のことはまだ考えていなくて、大学で将来やりたいことを見つけられたらなと。陸上の指導者は自分に務まるかなという思いがありますが、やってみたい気持ちも少しあります。 構成/小野哲史

谷口海斗 PROFILE

◎たにぐち・かいと/2007年2月23日生まれ。愛知県出身。猿投中(愛知)―中京大中京高。小1から陸上を始め、7歳だった2014年3月の中京大室内棒高跳競技会では1m41の記録を残している。中学は2年時に20年全国中学生大会に出場。3年時は21年全中3位のほか、U16大会でも3位タイの成績を残した。高1シーズンはインターハイこそ記録なしだったが、U16大会を4m71の大会新V。高2の昨年はインターハイで4位に入ると、国体少年Aは3位タイ、U18大会では優勝した。自己ベストは5m11(24年) [caption id="attachment_136876" align="alignnone" width="800"] 高校ラストシーズンでさらなる飛躍を期す谷口選手[/caption]

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top