HOME 高校

2024.05.30

110mH髙城昊紀が高1最高タイ、県高校新の14秒13! 男子八種競技・三森咲大朗が3連覇&4冠達成 女子3000m上柳凜は大会新V/IH宮崎県大会
110mH髙城昊紀が高1最高タイ、県高校新の14秒13! 男子八種競技・三森咲大朗が3連覇&4冠達成 女子3000m上柳凜は大会新V/IH宮崎県大会

23年U16大会110mHで優勝している髙城昊紀

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。

宮崎県大会は5月25日~28日の4日間、ひなた宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で行われた。

男子110mハードルでは、昨年の全中優勝者で、中学記録を持つ髙城昊紀(宮崎西1)が強烈なパフォーマンスを披露した。

悪天候により開始時間が大幅に遅れるなか、髙城は予選から14秒35(-0.5)の大会新で通過すると、決勝では向かい風1.7mという条件で高1最高タイ記録、県高校新記録となる14秒13で圧勝。4月に高校へ入学したばかりにもかかわらず、この時期としては驚異的なタイムを叩きだした。また、髙城の先輩・田村英大(3年)も14秒42で従来の大会記録を更新する走りを見せている。

男子八種競技でも好記録が誕生し、昨年インターハイ八種競技4位の三森咲大朗(宮崎工3)が5604点の大会新で3連覇を達成。三森は単独種目の走幅跳を7m09(+0.1)、走高跳を1m89で優勝を飾った。

男子100mでは日吉志優汰(宮崎工3)が10秒80(-1.1)で快勝し、200mも21秒75(-0.4)でトップ通過すると、2走を務めた4×100mリレーでも41秒62で優勝。日吉を3走、三森を4走に起用した4×400mリレーは3分19秒84で制し、日吉と三森はともに4種目優勝の快挙を果となった。

そのほかでも男子棒高跳で結城咲翔(宮崎一3)が4m81、男子円盤投では山口憂真(都城商3)が45m01といずれも大会新で優勝。男子3000m障害では城間大空(小林3)が9分10秒53、男子やり投で大山澄海(宮崎工3)が61m30で制すなど好記録が相次いだ。

女子では3000mで上柳凜(宮崎日大3)が9分25秒66と大会記録を塗り替えて1位。2位の菅原心菜(小林2)も9分26秒29と続いた。短距離は木原万里花(宮崎北3)が100mを12秒24(+0.3)、200mを25秒05(±0)でトップに立ち、4×100mR(1走)、4×400mR(4走)も47秒40、3分52秒36で制している。

南九州大会は6月13日から4日間、県大会と同じく宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で行われる。

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 宮崎県大会は5月25日~28日の4日間、ひなた宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で行われた。 男子110mハードルでは、昨年の全中優勝者で、中学記録を持つ髙城昊紀(宮崎西1)が強烈なパフォーマンスを披露した。 悪天候により開始時間が大幅に遅れるなか、髙城は予選から14秒35(-0.5)の大会新で通過すると、決勝では向かい風1.7mという条件で高1最高タイ記録、県高校新記録となる14秒13で圧勝。4月に高校へ入学したばかりにもかかわらず、この時期としては驚異的なタイムを叩きだした。また、髙城の先輩・田村英大(3年)も14秒42で従来の大会記録を更新する走りを見せている。 男子八種競技でも好記録が誕生し、昨年インターハイ八種競技4位の三森咲大朗(宮崎工3)が5604点の大会新で3連覇を達成。三森は単独種目の走幅跳を7m09(+0.1)、走高跳を1m89で優勝を飾った。 男子100mでは日吉志優汰(宮崎工3)が10秒80(-1.1)で快勝し、200mも21秒75(-0.4)でトップ通過すると、2走を務めた4×100mリレーでも41秒62で優勝。日吉を3走、三森を4走に起用した4×400mリレーは3分19秒84で制し、日吉と三森はともに4種目優勝の快挙を果となった。 そのほかでも男子棒高跳で結城咲翔(宮崎一3)が4m81、男子円盤投では山口憂真(都城商3)が45m01といずれも大会新で優勝。男子3000m障害では城間大空(小林3)が9分10秒53、男子やり投で大山澄海(宮崎工3)が61m30で制すなど好記録が相次いだ。 女子では3000mで上柳凜(宮崎日大3)が9分25秒66と大会記録を塗り替えて1位。2位の菅原心菜(小林2)も9分26秒29と続いた。短距離は木原万里花(宮崎北3)が100mを12秒24(+0.3)、200mを25秒05(±0)でトップに立ち、4×100mR(1走)、4×400mR(4走)も47秒40、3分52秒36で制している。 南九州大会は6月13日から4日間、県大会と同じく宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top