HOME 国内、大学

2024.05.23

東大阪大・原口篤志が5m47クリア!男子2部棒高跳で大会新「日本選手権や日本インカレで確実に5m60を」/関西IC
東大阪大・原口篤志が5m47クリア!男子2部棒高跳で大会新「日本選手権や日本インカレで確実に5m60を」/関西IC

24年関西インカレ男子2部棒高跳を大会新で制した原口篤志(東大阪大)

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都)

関西インカレのT&Fの部初日が行われ、男子2部棒高跳で原口篤志(東大阪大3)が大会新の5m47で優勝した。

2位以下が4m80で競技を終えてからピットに登場。5m10を1回、続く5m31を2回目にクリアする。「5m57を跳ぶために」と昨年自らが作った大会記録を17㎝更新する5m47も、1回で悠々と越えた。2年ぶりの自己記録(5m45)更新でもある。

学生歴代6位タイの関西学生記録(5m56)を1㎝上回る5m57は惜しくも失敗に終わったが、「(5m30で8位だった10日前の)木南記念の時の反省を生かし、今日は助走からしっかりコントロールできました」と原口。だが、「追い風でコンディションもよかったので目標の関西学生記録は更新しておきたかった、決め切れずに残念です」と悔しさがにじむ。

奈良・王寺工高時代から全国の舞台で活躍してきた原口。高2で5m15、高3ではインターハイ2位、5m35をクリアした。大1で5m45に記録を伸ばし、U20世界選手権で7位に入賞。昨年は日本選手権で3位タイ、日本インカレも3位に食い込んでいる。ただ、自己ベストは更新できなかったため、冬季は体力強化に努めてきた。

「2年までは、ウエイトトレーニングなどもただこなしているだけでしたが、どこを鍛えているのかなどしっかり考えながら前向きに取り組むことができました」

昨年まで50kg台だった体重も、筋力がアップで64kgまで増量。そのお陰もあり、「助走スピードがアップし、マックスポールも昨年までの17フィート・180ポンドから185ポンドを使えるようになり、ここにきてそれがようやく安定してきました」と好調の要因を口にする。

5m57へのトライも、「大会では初めての高さでしたが、身体は浮いており、跳べない高さではなかった」と手応えをつんだ様子。「今回はあと一歩、記録更新には届きませんでしたが、今後はさらに技術面の精度を上げ、日本選手権や日本インカレなどで5m60を確実に跳べるよう練習を積んでいきたい。日本選手権では3位以内、日本インカレはひとつ上の先輩方や関東勢に勝って優勝が目標です」と力を込める。

体力アップに努め、肩周りなどは大きくなったが、182㎝の長身はまだまだ細身だ。「さらに硬いポールにも負けない体力を付け、それをしっかり助走や技術面に結びつけられるようにし、風などコンディションに左右されない“強さ”を身に付けたい」ときっぱり。大会3連覇をステップに、ここからさらにギアを上げていく心構えだ。

文/花木 雫

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部初日が行われ、男子2部棒高跳で原口篤志(東大阪大3)が大会新の5m47で優勝した。 2位以下が4m80で競技を終えてからピットに登場。5m10を1回、続く5m31を2回目にクリアする。「5m57を跳ぶために」と昨年自らが作った大会記録を17㎝更新する5m47も、1回で悠々と越えた。2年ぶりの自己記録(5m45)更新でもある。 学生歴代6位タイの関西学生記録(5m56)を1㎝上回る5m57は惜しくも失敗に終わったが、「(5m30で8位だった10日前の)木南記念の時の反省を生かし、今日は助走からしっかりコントロールできました」と原口。だが、「追い風でコンディションもよかったので目標の関西学生記録は更新しておきたかった、決め切れずに残念です」と悔しさがにじむ。 奈良・王寺工高時代から全国の舞台で活躍してきた原口。高2で5m15、高3ではインターハイ2位、5m35をクリアした。大1で5m45に記録を伸ばし、U20世界選手権で7位に入賞。昨年は日本選手権で3位タイ、日本インカレも3位に食い込んでいる。ただ、自己ベストは更新できなかったため、冬季は体力強化に努めてきた。 「2年までは、ウエイトトレーニングなどもただこなしているだけでしたが、どこを鍛えているのかなどしっかり考えながら前向きに取り組むことができました」 昨年まで50kg台だった体重も、筋力がアップで64kgまで増量。そのお陰もあり、「助走スピードがアップし、マックスポールも昨年までの17フィート・180ポンドから185ポンドを使えるようになり、ここにきてそれがようやく安定してきました」と好調の要因を口にする。 5m57へのトライも、「大会では初めての高さでしたが、身体は浮いており、跳べない高さではなかった」と手応えをつんだ様子。「今回はあと一歩、記録更新には届きませんでしたが、今後はさらに技術面の精度を上げ、日本選手権や日本インカレなどで5m60を確実に跳べるよう練習を積んでいきたい。日本選手権では3位以内、日本インカレはひとつ上の先輩方や関東勢に勝って優勝が目標です」と力を込める。 体力アップに努め、肩周りなどは大きくなったが、182㎝の長身はまだまだ細身だ。「さらに硬いポールにも負けない体力を付け、それをしっかり助走や技術面に結びつけられるようにし、風などコンディションに左右されない“強さ”を身に付けたい」ときっぱり。大会3連覇をステップに、ここからさらにギアを上げていく心構えだ。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top