HOME 国内

2024.05.13

男子5000mはトヨタ紡織・服部大暉が13分36秒01で優勝 女子100mは渡邊輝が連覇/中部実業団対抗
男子5000mはトヨタ紡織・服部大暉が13分36秒01で優勝 女子100mは渡邊輝が連覇/中部実業団対抗

23年日本選手権10000mに出場した服部大暉

【動画】男子5000mで優勝した服部大暉のVコメント

第68回中部実業団対抗大会の2日目が5月12日、岐阜メモリアルセンター長良川で行われ、男子5000mは服部大暉(トヨタ紡織)が13分36秒01で初優勝を飾った。 3組タイムレースで行われた5000mの1組に出場した服部は、1000mを2分41秒で通過するペースのなかで積極的なレースを展開。ペースメーカーのすぐ後ろにつけて進むと、3000m付近からは先頭に立って集団を牽引した。 4000m手前で内田隼太、野中優志らトヨタ自動車勢が前に出る場面もあったが、ラスト2周で再び先頭に立ち、最後はサイモン・ムシオ(中央発條)との競り合いを制してトップでフィニッシュした。 服部は愛知工大出身の入社4年目。5000mでは13分32秒98のベストを持つ。この種目で日本人が優勝するのは2012年の宮脇千博(トヨタ自動車)以来12年ぶり。トヨタ紡織の日本人選手としては初の優勝となった。 このほか男子10000m競歩ではブダペスト世界選手権代表の丸尾知司(愛知製鋼)が40分03秒27で圧勝。男子ハンマー投は古旗崇裕(サポート善)が67m22で快勝したほか、男子走幅跳では昨年10月に創部した北野建設の松岡晃輝が7m47(+1.3)でチームに初めての優勝をもたらした。 女子では初日の200mで優勝している渡邊輝(田子重)が100mも11秒95(+0.1)で昨年に続く連覇を達成。女子800mはルーキーの下森美咲(豊田自動織機)が2分12秒55で制している。 対抗の部は男子総合、女子総合、男女総合いずれもトヨタ自動車が優勝した。

【動画】男子5000mで優勝した服部大暉のVコメント

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

2024出雲全日本大学選抜駅伝出場校

出場チーム 北海道学連選抜   33回目 東北学連選抜    35回目 青山学院大学    14回目 駒澤大学      30回目 城西大学      6回目 東洋大学      24回目 國學院大學     7回目 法 […]

NEWS 2024全日本大学駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学駅伝出場校

出場校 ■シード校(前回上位8校) 駒澤大学    29大会連続31回目 青山学院大学  12大会連続14回目 國學院大學   10大会連続12回目 中央大学     4大会連続31回目 城西大学     2大会連続11 […]

NEWS 2024全日本大学女子駅伝出場校

2024.06.14

2024全日本大学女子駅伝出場校

シード校(前回上位8校) 名城大学     26年連続26回目 大東文化大学   14年連続14回目 立命館大学    35年連続35回目 城西大学     30年連続31回目 日本体育大学   13年連続36回目 大阪 […]

NEWS 2025箱根駅伝出場チーム

2024.06.14

2025箱根駅伝出場チーム

出場校 青山学院大学   17年連続30回目 駒澤大学     59年連続59回目 城西大学     3年連続19回目 東洋大学     23年連続83回目 國學院大学    9年連続18回目 法政大学     10年連 […]

NEWS ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

2024.06.14

ハンマー投・福田翔大が73m91!! 日本歴代4位をさらに更新 女子円盤投の郡菜々佳が2位/アジア投てき選手権

【動画】福田翔大の自己新スローをチェック! 男子ハンマー投日本歴代10傑 84.86 室伏広治(ミズノ)    2003. 6.29 75.96 室伏重信(中京大教)   1984. 7.15 74.08 土井宏昭(ファ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top