HOME 国内、世界陸上

2024.05.13

東京世界陸上ロゴ決定 一般公募で選定委員の住永正さん、高井美希さん「街中で見られる日が楽しみ」
東京世界陸上ロゴ決定 一般公募で選定委員の住永正さん、高井美希さん「街中で見られる日が楽しみ」

一般公募で選定委員となった住永さんと高井さん

東京2025世界陸上財団は5月13日、東京・国立競技場で2025年東京世界選手権の大会ロゴを発表した。

来年行われる東京世界選手権。大会ロゴは一般公募により選考され、368点の応募作品の中から東京都在住のデザイナー・中川亮さんの作品が選ばれた。

大会のロゴデザインは昨年11月30日に応募を開始し、選定会やWAの承認などを経て3月末の理事会で最終決定。選定委員長を務めた木村雅彦さんが、「デザイナー主体ではなく、末續慎吾さん、福島千里さんといったアスリート、そしてオーディエンスを代表して公募委員の方々と、平等に議論しながら選んでいったのが特徴」と説明したように、公募によりファン代表として会社員の住永正さん(40歳)、高井美希さん(37歳)の2人が選定に携わった。

ともに「いち早く世界陸上に携わりたかった」と応募。高校時代は陸上部で25年来の陸上ファンだという住永さんは世界陸上は毎回欠かさずテレビ観戦し「いつも寝不足です」と言い、普段から陸上のニュースを追いかけているという。選定について、「東京2025世界陸上がこのロゴと一緒に思い出されるようなロゴになったらいいなというふうに選考に携わってきました」と話し、「今後、多くの場所で展開されて、皆様から支持されることを期待しています」と話す。

中学時代は陸上部で、2000年シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子が金メダルを獲得したのを見て「いつかマラソンを走りたい」と見るようになった高井さん。2011年には東京マラソンにも出場した。その後は14年に審判員の資格も取得。前日まで国立競技場で行われた関東インカレでも審判員として携わっていたという。「東京らしさ、日本らしさ、そして陸上競技を感じられるデザインを選びました」とし、「早く街中で見られる日を楽しみにしています」と心躍らせていた。

陸上の世界選手権は2年に一度開催。東京での開催は1991年以来2度目で、国内では2007年大阪に続き17年ぶり3度目となる。東京世界選手権は2025年9月13日から21日の日程で国立競技場を舞台に開かれる。

東京2025世界陸上財団は5月13日、東京・国立競技場で2025年東京世界選手権の大会ロゴを発表した。 来年行われる東京世界選手権。大会ロゴは一般公募により選考され、368点の応募作品の中から東京都在住のデザイナー・中川亮さんの作品が選ばれた。 大会のロゴデザインは昨年11月30日に応募を開始し、選定会やWAの承認などを経て3月末の理事会で最終決定。選定委員長を務めた木村雅彦さんが、「デザイナー主体ではなく、末續慎吾さん、福島千里さんといったアスリート、そしてオーディエンスを代表して公募委員の方々と、平等に議論しながら選んでいったのが特徴」と説明したように、公募によりファン代表として会社員の住永正さん(40歳)、高井美希さん(37歳)の2人が選定に携わった。 ともに「いち早く世界陸上に携わりたかった」と応募。高校時代は陸上部で25年来の陸上ファンだという住永さんは世界陸上は毎回欠かさずテレビ観戦し「いつも寝不足です」と言い、普段から陸上のニュースを追いかけているという。選定について、「東京2025世界陸上がこのロゴと一緒に思い出されるようなロゴになったらいいなというふうに選考に携わってきました」と話し、「今後、多くの場所で展開されて、皆様から支持されることを期待しています」と話す。 中学時代は陸上部で、2000年シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子が金メダルを獲得したのを見て「いつかマラソンを走りたい」と見るようになった高井さん。2011年には東京マラソンにも出場した。その後は14年に審判員の資格も取得。前日まで国立競技場で行われた関東インカレでも審判員として携わっていたという。「東京らしさ、日本らしさ、そして陸上競技を感じられるデザインを選びました」とし、「早く街中で見られる日を楽しみにしています」と心躍らせていた。 陸上の世界選手権は2年に一度開催。東京での開催は1991年以来2度目で、国内では2007年大阪に続き17年ぶり3度目となる。東京世界選手権は2025年9月13日から21日の日程で国立競技場を舞台に開かれる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top