HOME 国内、世界陸上

2024.05.13

NEWS
25年東京世界陸上のロゴ発表!北口榛花「1年も先なのにもう緊張」橋岡優輝「緊張感とワクワク」
25年東京世界陸上のロゴ発表!北口榛花「1年も先なのにもう緊張」橋岡優輝「緊張感とワクワク」

東京2025世界陸上の大会ロゴ発表会見に登壇した北口榛花と橋岡優輝

東京2025世界陸上財団は5月13日、東京・国立競技場で2025年東京世界選手権の大会ロゴを発表した。

来年行われる東京世界選手権。大会ロゴは一般公募により選考され、368点の応募作品の中から東京都在住のデザイナー・中川亮さんの作品が選ばれた。

広告の下にコンテンツが続きます

大会ロゴ発表イベントに、ゲストとして女子やり投ブダペスト世界選手権金メダリストの北口榛花(JAL)、男子走幅跳で3大会連続世界選手権出場の橋岡優輝(富士通)が出席した。

北口は「ロゴ発表の動画を見ると疾走感もあって、まだ1年も先なのにもう緊張しちゃう感じです」と笑って周囲を和ませると、日の丸を連想させるデザインに、自身が海外のメディアに取り上げられた際「日出ずる国の北口」と紹介されていたことを例に出し、「日本と、日本の陸上を象徴できるような素晴らしいロゴ」と印象を語る。

前回ブダペスト世界選手権金メダリストとしてすでにワイルドカード(出場資格)も持つ北口。「世界中のアスリートがこのロゴの場所を目指して切磋琢磨してくると思うので、自分もしっかり準備できれば」と話す。

橋岡はデザインについて「和のテイストと直線のトラックの雰囲気が相まっているという印象で、日の丸も入り込んでいるのが日本らしさと伝統的で、品があると感じました」と印象を語り、「緊張感とワクワクが生まれたイベントになりました」と気合が入った様子だった。

広告の下にコンテンツが続きます

これまで複数回世界選手権を経験してきた2人。「お祭りのような雰囲気もあるので、陸上競技を知らない方にも楽しんでもらえると思いますし、陸上を見るきっかけになる大会です。せっかく東京で開催されるので、お世話になった方々も含め、現地に足を運んでいただいて、皆様と一緒に楽しめる試合になればいいなと思います」(北口)、「陸上に特化した世界一を決める試合。オリンピックとは違った雰囲気で、陸上だけを突き詰めてきた人たちがこのトラックで競い合うので、緊張感であったり、表情だったりを現地で見てもらえれば。1人でも多くの方に来てもらえるよう、僕たちが頑張っていきたい」とアピールした。

陸上の世界選手権は2年に一度開催。東京での開催は1991年以来2度目で、国内では2007年大阪に続き17年ぶり3度目となる。東京世界選手権は2025年9月13日から21日の日程で国立競技場を舞台に開かれる。

東京2025世界陸上財団は5月13日、東京・国立競技場で2025年東京世界選手権の大会ロゴを発表した。 来年行われる東京世界選手権。大会ロゴは一般公募により選考され、368点の応募作品の中から東京都在住のデザイナー・中川亮さんの作品が選ばれた。 大会ロゴ発表イベントに、ゲストとして女子やり投ブダペスト世界選手権金メダリストの北口榛花(JAL)、男子走幅跳で3大会連続世界選手権出場の橋岡優輝(富士通)が出席した。 北口は「ロゴ発表の動画を見ると疾走感もあって、まだ1年も先なのにもう緊張しちゃう感じです」と笑って周囲を和ませると、日の丸を連想させるデザインに、自身が海外のメディアに取り上げられた際「日出ずる国の北口」と紹介されていたことを例に出し、「日本と、日本の陸上を象徴できるような素晴らしいロゴ」と印象を語る。 前回ブダペスト世界選手権金メダリストとしてすでにワイルドカード(出場資格)も持つ北口。「世界中のアスリートがこのロゴの場所を目指して切磋琢磨してくると思うので、自分もしっかり準備できれば」と話す。 橋岡はデザインについて「和のテイストと直線のトラックの雰囲気が相まっているという印象で、日の丸も入り込んでいるのが日本らしさと伝統的で、品があると感じました」と印象を語り、「緊張感とワクワクが生まれたイベントになりました」と気合が入った様子だった。 これまで複数回世界選手権を経験してきた2人。「お祭りのような雰囲気もあるので、陸上競技を知らない方にも楽しんでもらえると思いますし、陸上を見るきっかけになる大会です。せっかく東京で開催されるので、お世話になった方々も含め、現地に足を運んでいただいて、皆様と一緒に楽しめる試合になればいいなと思います」(北口)、「陸上に特化した世界一を決める試合。オリンピックとは違った雰囲気で、陸上だけを突き詰めてきた人たちがこのトラックで競い合うので、緊張感であったり、表情だったりを現地で見てもらえれば。1人でも多くの方に来てもらえるよう、僕たちが頑張っていきたい」とアピールした。 陸上の世界選手権は2年に一度開催。東京での開催は1991年以来2度目で、国内では2007年大阪に続き17年ぶり3度目となる。東京世界選手権は2025年9月13日から21日の日程で国立競技場を舞台に開かれる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.18

田中希実「ギラギラした私を見て」日本記録持つ1500mに出場/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子1500mに出場する […]

NEWS やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

2024.05.18

やり投・北口榛花「コンディションをチェックできる試合に」渡欧前の弾みつけるか/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、女子やり投の北口榛花(J […]

NEWS 100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

2024.05.18

100m坂井隆一郎「調子上がってきている」栁田大輝「坂井さんに負けないスタートを」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

NEWS サニブラウン3年ぶり国立 パリ五輪内定に向け「予選から標準を切れるように走りたい」/セイコーGGP

2024.05.18

サニブラウン3年ぶり国立 パリ五輪内定に向け「予選から標準を切れるように走りたい」/セイコーGGP

◇セイコーゴールデングランプリ(5月19日/東京・国立競技場) 世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ゴールドのセイコーゴールデングランプリを前日に控えた5月18日、国立競技場で前日会見が開かれ、男子100mに出場するサ […]

NEWS 元愛三工業ロジャース・ケモイのドーピング違反が確定 23年8月から6年の資格停止処分に

2024.05.18

元愛三工業ロジャース・ケモイのドーピング違反が確定 23年8月から6年の資格停止処分に

陸上界の不正を監視する世界陸連の独立機関「アスリート・インテグリティ・ユニット」(AIU)は5月17日、暫定資格停止中だったロジャース・ケモイ(ケニア)の処分が確定したことを発表した。2023年8月8日から6年間の資格停 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top