HOME 特集

2024.05.02

単独インタビュー「私は田中希実ですと自信を持って言えるようになった」プロ1年目の総括と思い描くパリでのレース
単独インタビュー「私は田中希実ですと自信を持って言えるようになった」プロ1年目の総括と思い描くパリでのレース

プロ1年目を振り返った田中希実(New Balance)

昨年4月、田中希実は実業団チームを離れて「New Balance」所属の“プロランナー”としてのキャリアをスタートさせた。

プロとして駆け抜けた1年。ブダペスト世界選手権では5000m8位入賞し、ダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルでも6位に入るなど、世界の“仲間入り”を果たした。

記録面でも1500mこそ自己記録には届かなかったが、5000mでは14分29秒18をマークしている。プロ1年目についてインタビューした。

――屋外シーズンがスタートしました。ずっと試合に出られているので、切り替えのタイミングなどはどういう意識でしょうか。

「世界室内選手権でインドアシーズンの区切りがつくのですが、トラックが始まるまでの間は調子を整えるという面で難しい時期でもあります。本当は少しゆっくりできればと思っていたのですが、いつも思うようにはいかないので…(苦笑)。忙しいものだと思って過ごし切りました」

――プロ1年目。激動でしたね。

「プロという土台があるからこそ、走る時でも普段の時でも、『私はランナーです』『私は田中希実です』と自信を持って言えるようになった1年だったと思います」

――実際に思い描いていたプロ像と、活動してみてと、違いはありましたか。

「プロになる前は、社会貢献のイメージがあったり、『いろいろなことをしなきゃいけない』というふうに思ったりしていました。ただ、実際に過ごしてみると、こうしないといけないルールはない、というのは新しい発見でした。思っていた以上に新しいチャレンジができたと思います」

ブダペスト世界陸上5000mでは8位入賞

――一方で大変なことも多かったと思います。

「金銭面においては、実業団時代よりもすごく意識しました。合宿一つとっても考えないといけません。実業団時代はチームのスタッフの方々が当たり前にしてくださっていることもたくさんあって、それは一つの仕事なのでお任せしている部分もありました。ありがたいことに、今は父(健智コーチ)が担っててくれていますが、家族やニューバランスさんの支えで成り立っているのは改めて実感しました」

――今までももちろん、手を抜いていないのは実績や姿勢で誰もがわかっていると思いますが、やはり心持ちは変わってきますよね。健智コーチに話をうかがった時に「彼女はレースを棄権したり、途中で辞めたりすることがほとんどない」とおしゃっていました。

「そうですね。やはり、何かしらに、次につなげないといけないという気持ちは強くなりました。ヨーロッパやアメリカに遠征した時でも、今は自分から行きたいと計画しているので、目的意識はよりしっかりしたと感じています」

――社会貢献という面では、レースでの賞金などを活用し、次世代アスリートの支援「NON STOP PROJECT」を立ち上げられました。

「いろいろ選考してきたのですが、結局私が選びきれなくて…。父の提案もあり、最終的には人数を絞るのではなく、全員で一緒に合宿をして、いろいろな話をする機会を設けました。人数が増えた分、日程は少なくなってしまいましたが、その子たちと時間を共有することを大切にしたかったのです。今後も縁を大切にしてきます」

若いアスリートを支援する思いも強い

――同じ中距離で、一緒に世界クロカンの代表になった澤田結弥選手(浜松市立高卒)は、田中選手にあこがれていて、夏に渡米して米国の大学に入学します。

「すごい勇気だなって思います。私だったらその年齢で海外へ単身渡るのは怖いですし、不安です。そこに行ってみると思えるのは彼女の強さですし、競技に関係なくても未来につながりますよね。その過程で、また一緒に代表になれたらとてもうれしいです」

――昨年から何度かケニア合宿をされているのも話題になっています。三浦龍司選手に聞いてみたところ、「ああいうのがやっぱり大事だと思う」と共感されていました。

「まず、いろいろな面で“常識”が違います。日本で私が1人できついメニューをする時に身構えますが、ケニアに行くと構えることなく『今日はこんな感じか』と、当たり前にきついメニューに向かっていけるんです。向こうの選手はすごくリラックスして練習していて、仲間と一緒に楽しみながらチャレンジしている印象があって、すごく居心地がいい」

――それがあると、レースでも自然体で臨めそうですね。

「日本にいると練習もレースのようにするのですが、向こうでは普段の練習をリラックスして、レースの時は練習を思い出していけるので、少し気が楽になります。ただ、やっぱり海外の選手で、“次の大会”が約束されている選手は、世界トップの本当に一握りだけ。だからこそ、レース後に『次も頑張ろう』と切り替えられるマインドや、きりかえて開き直るというのはもっと私も大事にしていきたいです」

パリ五輪への思いを語る田中

――オリンピックがやってきます。3年前のことは覚えていますか。

「(8位になった)1500mのレース中の感覚というのはあまり覚えていないんです。ただ、招集所やレース前のドキドキ感は覚えています」

――東京五輪のあと、2度世界選手権を経て、違いは感じますか。

「当時は気付きませんでしたが、やはりオリンピックは特別なんだなって、世界選手権を経験したからこそ思います。世界選手権やダイヤモンドリーグは少しリラックスしている雰囲気もありますけど、オリンピックはもっと緊張感があったように感じますね」

――パリ五輪は1500m、5000mで挑戦することになると思います。出場権を得たらどんなレースがしたいと思い描いていますか。

「私の理想は、ラストスパート合戦になった時に、その中で勝つとか負けるとかではなくて、シファン・ハッサン選手(オランダ)やフェイス・キピエゴン選手(ケニア)のような、誰が見ても『おぉぉ!』ってなるようなスパートがしたいんです。すごく抽象的なんですけど、それが一番の理想です。今の実力では達していないので、パリに間に合うかどうかは別として、ひたすら求め続けてずっと意識しながらシーズンを過ごしていきたいと思っています」

構成/向永拓史

昨年4月、田中希実は実業団チームを離れて「New Balance」所属の“プロランナー”としてのキャリアをスタートさせた。 プロとして駆け抜けた1年。ブダペスト世界選手権では5000m8位入賞し、ダイヤモンドリーグ(DL)ファイナルでも6位に入るなど、世界の“仲間入り”を果たした。 記録面でも1500mこそ自己記録には届かなかったが、5000mでは14分29秒18をマークしている。プロ1年目についてインタビューした。 ――屋外シーズンがスタートしました。ずっと試合に出られているので、切り替えのタイミングなどはどういう意識でしょうか。 「世界室内選手権でインドアシーズンの区切りがつくのですが、トラックが始まるまでの間は調子を整えるという面で難しい時期でもあります。本当は少しゆっくりできればと思っていたのですが、いつも思うようにはいかないので…(苦笑)。忙しいものだと思って過ごし切りました」 ――プロ1年目。激動でしたね。 「プロという土台があるからこそ、走る時でも普段の時でも、『私はランナーです』『私は田中希実です』と自信を持って言えるようになった1年だったと思います」 ――実際に思い描いていたプロ像と、活動してみてと、違いはありましたか。 「プロになる前は、社会貢献のイメージがあったり、『いろいろなことをしなきゃいけない』というふうに思ったりしていました。ただ、実際に過ごしてみると、こうしないといけないルールはない、というのは新しい発見でした。思っていた以上に新しいチャレンジができたと思います」 [caption id="attachment_134455" align="alignnone" width="800"] ブダペスト世界陸上5000mでは8位入賞[/caption] ――一方で大変なことも多かったと思います。 「金銭面においては、実業団時代よりもすごく意識しました。合宿一つとっても考えないといけません。実業団時代はチームのスタッフの方々が当たり前にしてくださっていることもたくさんあって、それは一つの仕事なのでお任せしている部分もありました。ありがたいことに、今は父(健智コーチ)が担っててくれていますが、家族やニューバランスさんの支えで成り立っているのは改めて実感しました」 ――今までももちろん、手を抜いていないのは実績や姿勢で誰もがわかっていると思いますが、やはり心持ちは変わってきますよね。健智コーチに話をうかがった時に「彼女はレースを棄権したり、途中で辞めたりすることがほとんどない」とおしゃっていました。 「そうですね。やはり、何かしらに、次につなげないといけないという気持ちは強くなりました。ヨーロッパやアメリカに遠征した時でも、今は自分から行きたいと計画しているので、目的意識はよりしっかりしたと感じています」 ――社会貢献という面では、レースでの賞金などを活用し、次世代アスリートの支援「NON STOP PROJECT」を立ち上げられました。 「いろいろ選考してきたのですが、結局私が選びきれなくて…。父の提案もあり、最終的には人数を絞るのではなく、全員で一緒に合宿をして、いろいろな話をする機会を設けました。人数が増えた分、日程は少なくなってしまいましたが、その子たちと時間を共有することを大切にしたかったのです。今後も縁を大切にしてきます」 [caption id="attachment_134456" align="alignnone" width="800"] 若いアスリートを支援する思いも強い[/caption] ――同じ中距離で、一緒に世界クロカンの代表になった澤田結弥選手(浜松市立高卒)は、田中選手にあこがれていて、夏に渡米して米国の大学に入学します。 「すごい勇気だなって思います。私だったらその年齢で海外へ単身渡るのは怖いですし、不安です。そこに行ってみると思えるのは彼女の強さですし、競技に関係なくても未来につながりますよね。その過程で、また一緒に代表になれたらとてもうれしいです」 ――昨年から何度かケニア合宿をされているのも話題になっています。三浦龍司選手に聞いてみたところ、「ああいうのがやっぱり大事だと思う」と共感されていました。 「まず、いろいろな面で“常識”が違います。日本で私が1人できついメニューをする時に身構えますが、ケニアに行くと構えることなく『今日はこんな感じか』と、当たり前にきついメニューに向かっていけるんです。向こうの選手はすごくリラックスして練習していて、仲間と一緒に楽しみながらチャレンジしている印象があって、すごく居心地がいい」 ――それがあると、レースでも自然体で臨めそうですね。 「日本にいると練習もレースのようにするのですが、向こうでは普段の練習をリラックスして、レースの時は練習を思い出していけるので、少し気が楽になります。ただ、やっぱり海外の選手で、“次の大会”が約束されている選手は、世界トップの本当に一握りだけ。だからこそ、レース後に『次も頑張ろう』と切り替えられるマインドや、きりかえて開き直るというのはもっと私も大事にしていきたいです」 [caption id="attachment_134454" align="alignnone" width="800"] パリ五輪への思いを語る田中[/caption] ――オリンピックがやってきます。3年前のことは覚えていますか。 「(8位になった)1500mのレース中の感覚というのはあまり覚えていないんです。ただ、招集所やレース前のドキドキ感は覚えています」 ――東京五輪のあと、2度世界選手権を経て、違いは感じますか。 「当時は気付きませんでしたが、やはりオリンピックは特別なんだなって、世界選手権を経験したからこそ思います。世界選手権やダイヤモンドリーグは少しリラックスしている雰囲気もありますけど、オリンピックはもっと緊張感があったように感じますね」 ――パリ五輪は1500m、5000mで挑戦することになると思います。出場権を得たらどんなレースがしたいと思い描いていますか。 「私の理想は、ラストスパート合戦になった時に、その中で勝つとか負けるとかではなくて、シファン・ハッサン選手(オランダ)やフェイス・キピエゴン選手(ケニア)のような、誰が見ても『おぉぉ!』ってなるようなスパートがしたいんです。すごく抽象的なんですけど、それが一番の理想です。今の実力では達していないので、パリに間に合うかどうかは別として、ひたすら求め続けてずっと意識しながらシーズンを過ごしていきたいと思っています」 構成/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top