HOME 国内、日本代表

2024.04.21

U20男子団体で銀メダル!東洋大ルーキー・逢坂草太朗が4位、吉迫大成6位でダブル入賞!下田悠樹は16位/世界競歩チーム選手権
U20男子団体で銀メダル!東洋大ルーキー・逢坂草太朗が4位、吉迫大成6位でダブル入賞!下田悠樹は16位/世界競歩チーム選手権

東洋大の逢坂草太朗(23年インターハイ)

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ)

世界競歩チーム選手権が行われ、U20男子10km団体で日本は2大会ぶりの銀メダルに輝いた。

日本は逢坂草太朗(東洋大)、吉迫大成(東学大)、下田悠樹(中京大)の3名が出場。中間の5kmを20分29秒で通過した先頭集団にしっかりと加わり、そこから徐々にペースが上がる中でも粘った。

メダル争いには一歩届かなかったが、逢坂、吉迫は入賞圏内を最後までキープ。逢坂が40分30秒の自己新で4位、吉迫は40分39秒で6位に食い込んだ。下田も41分15秒で16位でフィニッシュ。上位2選手の順位合計で争う団体で日本は10となり、中国(5)に次ぐ2位を占めた。

逢坂は兵庫・川西緑台高を卒業し、この春に東洋大に入学。高校時代はインターハイ、国体(いずれも5000m競歩)の2冠に輝き、今年2月のU20選抜競歩10kmを大会新の41分21秒で制している。

東京五輪20㎞銀メダルの池田向希、世界選手権35kmで2大会連続メダルの川野将虎(ともに旭化成)の出身校である東洋大に進み、「2028年のロス五輪金メダルを目指して、1年生から20kmを取り組んでしっかりつなげたいです」と意気込みを語っていた。

吉迫は島根中央高出身の2年生。U20選抜競歩では逢坂に次ぐ2位、高校では国体5000m競歩2位の実績を残している。

優勝はアイザック・ビークロフト(豪州)でオセアニアU20新記録の39分56秒をマーク。フィニッシュ手前でシ・シェンジ(中国)をかわして逆転した。1秒差でシが2位、同じ中国のルオ・ジアウェイが40分03秒で3位に続いた。

U20女子は46分32秒の自己新をマークした奥野紗(浪速高・大阪)の13位が最高。久家すずか(金沢学院大)が46分41秒の自己新で15位、谷純花(金沢学院大)が49分24秒で31位となり、団体では5位に入った。

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、U20男子10km団体で日本は2大会ぶりの銀メダルに輝いた。 日本は逢坂草太朗(東洋大)、吉迫大成(東学大)、下田悠樹(中京大)の3名が出場。中間の5kmを20分29秒で通過した先頭集団にしっかりと加わり、そこから徐々にペースが上がる中でも粘った。 メダル争いには一歩届かなかったが、逢坂、吉迫は入賞圏内を最後までキープ。逢坂が40分30秒の自己新で4位、吉迫は40分39秒で6位に食い込んだ。下田も41分15秒で16位でフィニッシュ。上位2選手の順位合計で争う団体で日本は10となり、中国(5)に次ぐ2位を占めた。 逢坂は兵庫・川西緑台高を卒業し、この春に東洋大に入学。高校時代はインターハイ、国体(いずれも5000m競歩)の2冠に輝き、今年2月のU20選抜競歩10kmを大会新の41分21秒で制している。 東京五輪20㎞銀メダルの池田向希、世界選手権35kmで2大会連続メダルの川野将虎(ともに旭化成)の出身校である東洋大に進み、「2028年のロス五輪金メダルを目指して、1年生から20kmを取り組んでしっかりつなげたいです」と意気込みを語っていた。 吉迫は島根中央高出身の2年生。U20選抜競歩では逢坂に次ぐ2位、高校では国体5000m競歩2位の実績を残している。 優勝はアイザック・ビークロフト(豪州)でオセアニアU20新記録の39分56秒をマーク。フィニッシュ手前でシ・シェンジ(中国)をかわして逆転した。1秒差でシが2位、同じ中国のルオ・ジアウェイが40分03秒で3位に続いた。 U20女子は46分32秒の自己新をマークした奥野紗(浪速高・大阪)の13位が最高。久家すずか(金沢学院大)が46分41秒の自己新で15位、谷純花(金沢学院大)が49分24秒で31位となり、団体では5位に入った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に […]

NEWS 110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

2024.05.26

110mH泉谷駿介はバランス崩し13秒33の7位 100m初出場の栁田大輝は8位/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)は13秒33(-0.1)の7位だった。 日本記録(13秒04)保持者で、昨年のブダペス […]

NEWS 田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

2024.05.26

田中希実が5000mでパリ五輪内定!!自己4番目の14分47秒69で参加標準突破/DLユージン

世界最高峰のダイヤモンドリーグ(DL)ユージン大会(米国・オレゴン州)が5月26日に行われ、女子5000mに田中希実(New Balance)が出場し、パリ五輪の参加標準記録(14分50秒00)を突破する14分47秒69 […]

NEWS P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top