HOME 国内

2024.04.15

110mH村竹ラシッド JALのシャツをお披露目「人生を懸けて取り組んでいる」初五輪代表へ羽ばたく決意
110mH村竹ラシッド JALのシャツをお披露目「人生を懸けて取り組んでいる」初五輪代表へ羽ばたく決意

JALアスリート社員の一員となった村竹ラシッド

JALがアスリート社員が集まり、社内への挨拶を終えたあと、新年度スタートの取材対応を行った。

男子110mハードル日本記録保持者の村竹ラシッドはこの春に入社。4月1日に入社式に出席したが、この日はJALのシャツに身を包んで初めて公の場となり、「似合っていますか?」と笑顔を見せる。

午前中には鳥取三津子社長へも挨拶し、「緊張してあまり覚えていません」とはにかんだ。女子やり投世界一の北口榛花だけでなく、フェンシング・エペ五輪金メダリストの加納虹輝らとも改めて顔を合わせ、「錚々たるアスリートのみなさんがいらっしゃるので刺激になりますし、自分も頑張りたいと思える環境です」と気合を入れた。

直前まで鹿児島で、同じ日本記録13秒04を持ち、順大の先輩でもある泉谷駿介(住友電工)と合宿。「まだ試合の時のような出力は出ていないですが、それでも昨年よりは出せそうな手応えがあります」と充実の表情を見せる。

冬場のパワーアップと長い距離を走ってきた効果もあってか、「いつもならこの時期は5台目以降にバテていましたが、今の時点でまだ加速していけそう」と成長を実感していた。

初戦は4月29日の織田記念になる見込み。昨年は冷たい雨が降りしきる悪コンディションとなり、そこでケガをして長期離脱したレースだが、「今年は良い条件になるといいな」と村竹。すでにパリ五輪の参加標準記録を突破しているだけに、「まだ初戦なので13秒3~2で走れればいい。6月の日本選手権に合わせていきたい」と焦りはない。

3年前の東京五輪は参加標準記録を日本選手権予選で突破したが、決勝で不正スタートにより失格。どん底に落ちたが、そこから這い上がってきた。

「今年は心の底から出たいと思って練習してきました。陸上は僕が今、人生を懸けて取り組んでいること。人生そのものと言っても過言ではない」

3年前のリベンジの舞台はもうすぐやってくる。国内のレベルは高いが「負けないつもりでやっています」と、もちろん初の五輪代表をつかみ取るつもりだ。

JALがアスリート社員が集まり、社内への挨拶を終えたあと、新年度スタートの取材対応を行った。 男子110mハードル日本記録保持者の村竹ラシッドはこの春に入社。4月1日に入社式に出席したが、この日はJALのシャツに身を包んで初めて公の場となり、「似合っていますか?」と笑顔を見せる。 午前中には鳥取三津子社長へも挨拶し、「緊張してあまり覚えていません」とはにかんだ。女子やり投世界一の北口榛花だけでなく、フェンシング・エペ五輪金メダリストの加納虹輝らとも改めて顔を合わせ、「錚々たるアスリートのみなさんがいらっしゃるので刺激になりますし、自分も頑張りたいと思える環境です」と気合を入れた。 直前まで鹿児島で、同じ日本記録13秒04を持ち、順大の先輩でもある泉谷駿介(住友電工)と合宿。「まだ試合の時のような出力は出ていないですが、それでも昨年よりは出せそうな手応えがあります」と充実の表情を見せる。 冬場のパワーアップと長い距離を走ってきた効果もあってか、「いつもならこの時期は5台目以降にバテていましたが、今の時点でまだ加速していけそう」と成長を実感していた。 初戦は4月29日の織田記念になる見込み。昨年は冷たい雨が降りしきる悪コンディションとなり、そこでケガをして長期離脱したレースだが、「今年は良い条件になるといいな」と村竹。すでにパリ五輪の参加標準記録を突破しているだけに、「まだ初戦なので13秒3~2で走れればいい。6月の日本選手権に合わせていきたい」と焦りはない。 3年前の東京五輪は参加標準記録を日本選手権予選で突破したが、決勝で不正スタートにより失格。どん底に落ちたが、そこから這い上がってきた。 「今年は心の底から出たいと思って練習してきました。陸上は僕が今、人生を懸けて取り組んでいること。人生そのものと言っても過言ではない」 3年前のリベンジの舞台はもうすぐやってくる。国内のレベルは高いが「負けないつもりでやっています」と、もちろん初の五輪代表をつかみ取るつもりだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top