HOME 国内

2024.04.15

ぎふ清流ハーフ・パリ五輪マラソン代表の鈴木優花がエントリー! 服部勇馬、設楽悠太らも特別招待
ぎふ清流ハーフ・パリ五輪マラソン代表の鈴木優花がエントリー! 服部勇馬、設楽悠太らも特別招待

昨年のマラソングランドチャンピオンシップで優勝した鈴木優花

ぎふ清流ハーフマラソン(4月28日・岐阜市)の特別招待選手と招待選手が4月12日に発表された。

女子は今夏のパリ五輪マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が特別招待選手としてエントリーした。24歳の鈴木は昨年10月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝。今年は3月からトラックで調整を続けており、4月13日の金栗記念では10000mで33分21秒85で日本人最高の2位に入っている。

このほか、女子では昨年のブダペスト世界選手権マラソン代表の佐藤早也伽(積水化学)や、2月の香川丸亀国際ハーフマラソンを大会新記録(1時間6分07秒)で優勝したオマレ・ドルフィンニャボケ(ユー・エス・イー)が特別招待され、昨年のMGCで13位の岩出玲亜(デンソー)らが招待選手として出場する。

男子は21年東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)や、ハーフマラソンで日本歴代5位(1時間0分17秒)の設楽悠太(西鉄)が特別招待で出場。10000mで五輪2大会、世界選手権3大会代表のビダン・カロキ(トヨタ自動車)らが招待選手としてエントリーしている。

大会は岐阜メモリアルセンター長良川競技場を発着点とし、午前9時にスタートする。

ぎふ清流ハーフマラソン(4月28日・岐阜市)の特別招待選手と招待選手が4月12日に発表された。 女子は今夏のパリ五輪マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が特別招待選手としてエントリーした。24歳の鈴木は昨年10月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝。今年は3月からトラックで調整を続けており、4月13日の金栗記念では10000mで33分21秒85で日本人最高の2位に入っている。 このほか、女子では昨年のブダペスト世界選手権マラソン代表の佐藤早也伽(積水化学)や、2月の香川丸亀国際ハーフマラソンを大会新記録(1時間6分07秒)で優勝したオマレ・ドルフィンニャボケ(ユー・エス・イー)が特別招待され、昨年のMGCで13位の岩出玲亜(デンソー)らが招待選手として出場する。 男子は21年東京五輪マラソン代表の服部勇馬(トヨタ自動車)や、ハーフマラソンで日本歴代5位(1時間0分17秒)の設楽悠太(西鉄)が特別招待で出場。10000mで五輪2大会、世界選手権3大会代表のビダン・カロキ(トヨタ自動車)らが招待選手としてエントリーしている。 大会は岐阜メモリアルセンター長良川競技場を発着点とし、午前9時にスタートする。

特別招待選手と主な招待選手をチェック!

・男子 特別招待選手 スティーブン・キッサ(ウガンダ) ティモシー・キプラガト(ケニア) ヒラリー・キプコエチ(ケニア) アモス・クルガ(中電工) ブレット・ロビンソン(オーストラリア) 設楽悠太(西鉄) ロリー・リンクレター(カナダ) 服部勇馬(トヨタ自動車) 主な招待選手 ビダン・カロキ(トヨタ自動車) ベナード・キマニ(コモディイイダ) ビクター・キプルト(愛知製鋼) ジョエル・ムァゥラ(黒崎播磨) チャールズ・カマウ(SGホールディングス) 田中秀幸(トヨタ自動車) 丸山竜也(トヨタ自動車) 秋山清仁(愛知製鋼) サイディム・サイモン(中央発條) 角出龍哉(愛知製鋼) ・女子 特別招待選手 オマレ・ドルフィンニャボケ(ユー・エス・イー) ユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン) ステラ・チェサン(ウガンダ) 佐藤早也伽(積水化学) ジェネビーブ・グレグソン(オーストラリア) 鈴木優花(第一生命グループ) 主な招待選手 岩出玲亜(デンソー) ヘレン・エカラレ(豊田自動織機) 和久夢来(ユニバーサルエンターテインメント) 森田香織(パナソニック) 飛田凜香(第一生命グループ) 清田真央(スズキ) 中野円花(岩谷産業) 池内彩乃(デンソー)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top