HOME 国内

2024.03.11

安藤友香が悲願のマラソン初Vと7年ぶり自己新「同じ過ち」繰り返さず「前だけ見つめて」/名古屋ウィメンズマラソン
安藤友香が悲願のマラソン初Vと7年ぶり自己新「同じ過ち」繰り返さず「前だけ見つめて」/名古屋ウィメンズマラソン

24年名古屋ウィメンズマラソンを制した安藤友香

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤフィニッシュ)

パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

トップ集団が中間点を1時間9分56秒で通過。パリ五輪を目指して、「日本新記録」(2時間18分59秒未満)をターゲットにしていた日本人選手にとってが難しいレース展開になった。

25kmを過ぎると、まずは鈴木亜由子(日本郵政グループ)が遅れて、ほどなく安藤と加世田梨花(ダイハツ)もトップ集団から引き離された。

しかし、安藤の目は輝きを失っていなかった。

「(日本新)記録が難しいのは頭にちらついていたんですが、マラソンは何が起こるかわからない。まずは前だけを見て、これ以上は離されないという思いでした。加世田選手がいてくれたので、苦しいのは一緒。絶対にあきらめないという気持ちで走ることができたんです」

広告の下にコンテンツが続きます

安藤はトップを争っていたゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)とユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)に30km通過時で30秒遅れていたが、35km通過時で21秒差に短縮。36.5kmでオレゴン世界選手権女王のゲブレセラシェが突如、立ち止り、レースの行方はわからなくなってきた。

加世田を引き離すかたちになった安藤は、昨年のアジア大会を制したチュンバの背中に近づいていく。

「チュンバ選手の姿が大きくなってきていたので、優勝したいという気持ちを強く持ちました」

安藤は39.3kmでチュンバに並ぶと、ナゴヤドーム前で突き放す。日本歴代8位の2時間21分18秒でマラソン初優勝を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

「まず7年越しに自分の記録を更新できたこと。そして優勝というかたちで終えられたのが素直にうれしいです」

2017年の名古屋ウィメンズで初マラソン日本最高&日本歴代4位(当時)の2時間21分36秒(2位)をマーク。衝撃のマラソンデビューを飾ったが、その後は記録も超えられず「もう辞めたい」と思った時期もあったという。

初マラソン後、さまざまな経験をした。チームの移籍、東京五輪はマラソン代表になれず10000mで出場。指導者も度々替わったが、今回は「日本記録を狙いにいく」という気持ちで、新たなスタッフとともに「覚悟を決めて」取り組んできたという。「目標は達成できませんでしたが、日本記録を狙うと決めて、練習を積めたことが今日の試合につながったと思います」。

名古屋には過去3度出て、2位、2位、3位。これまで何度も誰かの背中を見てきた。「過去のマラソンでは、苦しくなって離れた時に、自分の弱さであきらめてしまった部分がありました。それが走り終わった時の後悔として残っていたんです」。しかし、今回は違った。残り700mを切ったとき、ラスト勝負は海外選手に分があるかと思われたが、安藤が前に出た。

広告の下にコンテンツが続きます

「同じ過ちを繰り返してきたので、今日は前だけを見つめて、絶対にあきめない気持ちで走りました」

高いターゲットを掲げて積んできたトレーニングと、安藤のブレない気持ちが、7年ぶりの自己ベストとマラソン初優勝につながった。

「初めて走った時の記録を同じ名古屋で塗り替えることができたのは、自分の中で一歩進めたかなっていう気持ちがあります。前田選手の記録は本当に素晴らしいと思いますが、だからといってあきらめたくありません。可能性はあると思うので、ひとつの目標としてこれからも挑戦していくつもりです」

3月16日に30歳の誕生日を迎える安藤。日本記録とパリ五輪には届かなかったが、20代最後のレースを終えた安藤には“新たな世界”が見えている。

広告の下にコンテンツが続きます

文/酒井政人

◇名古屋ウィメンズマラソン(3月10日/バンテリンドーム ナゴヤ前スタート―名古屋市内―バンテリンドーム ナゴヤフィニッシュ) パリ五輪MGCファイナルチャレンジを兼ねた名古屋ウィメンズマラソンが行われ、安藤友香(ワコール)が日本人トップの2時間21分18秒で優勝した。 トップ集団が中間点を1時間9分56秒で通過。パリ五輪を目指して、「日本新記録」(2時間18分59秒未満)をターゲットにしていた日本人選手にとってが難しいレース展開になった。 25kmを過ぎると、まずは鈴木亜由子(日本郵政グループ)が遅れて、ほどなく安藤と加世田梨花(ダイハツ)もトップ集団から引き離された。 しかし、安藤の目は輝きを失っていなかった。 「(日本新)記録が難しいのは頭にちらついていたんですが、マラソンは何が起こるかわからない。まずは前だけを見て、これ以上は離されないという思いでした。加世田選手がいてくれたので、苦しいのは一緒。絶対にあきらめないという気持ちで走ることができたんです」 安藤はトップを争っていたゴティトム・ゲブレシラシェ(エチオピア)とユニスチェビチー・チュンバ(バーレーン)に30km通過時で30秒遅れていたが、35km通過時で21秒差に短縮。36.5kmでオレゴン世界選手権女王のゲブレセラシェが突如、立ち止り、レースの行方はわからなくなってきた。 加世田を引き離すかたちになった安藤は、昨年のアジア大会を制したチュンバの背中に近づいていく。 「チュンバ選手の姿が大きくなってきていたので、優勝したいという気持ちを強く持ちました」 安藤は39.3kmでチュンバに並ぶと、ナゴヤドーム前で突き放す。日本歴代8位の2時間21分18秒でマラソン初優勝を飾った。 「まず7年越しに自分の記録を更新できたこと。そして優勝というかたちで終えられたのが素直にうれしいです」 2017年の名古屋ウィメンズで初マラソン日本最高&日本歴代4位(当時)の2時間21分36秒(2位)をマーク。衝撃のマラソンデビューを飾ったが、その後は記録も超えられず「もう辞めたい」と思った時期もあったという。 初マラソン後、さまざまな経験をした。チームの移籍、東京五輪はマラソン代表になれず10000mで出場。指導者も度々替わったが、今回は「日本記録を狙いにいく」という気持ちで、新たなスタッフとともに「覚悟を決めて」取り組んできたという。「目標は達成できませんでしたが、日本記録を狙うと決めて、練習を積めたことが今日の試合につながったと思います」。 名古屋には過去3度出て、2位、2位、3位。これまで何度も誰かの背中を見てきた。「過去のマラソンでは、苦しくなって離れた時に、自分の弱さであきらめてしまった部分がありました。それが走り終わった時の後悔として残っていたんです」。しかし、今回は違った。残り700mを切ったとき、ラスト勝負は海外選手に分があるかと思われたが、安藤が前に出た。 「同じ過ちを繰り返してきたので、今日は前だけを見つめて、絶対にあきめない気持ちで走りました」 高いターゲットを掲げて積んできたトレーニングと、安藤のブレない気持ちが、7年ぶりの自己ベストとマラソン初優勝につながった。 「初めて走った時の記録を同じ名古屋で塗り替えることができたのは、自分の中で一歩進めたかなっていう気持ちがあります。前田選手の記録は本当に素晴らしいと思いますが、だからといってあきらめたくありません。可能性はあると思うので、ひとつの目標としてこれからも挑戦していくつもりです」 3月16日に30歳の誕生日を迎える安藤。日本記録とパリ五輪には届かなかったが、20代最後のレースを終えた安藤には“新たな世界”が見えている。 文/酒井政人

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top