HOME 国内

2024.03.03

服部勇馬は2大会連続五輪ならず36位「またチャレンジしたい」パリ代表たちへ「誇りを持って走ってほしい」/東京マラソン
服部勇馬は2大会連続五輪ならず36位「またチャレンジしたい」パリ代表たちへ「誇りを持って走ってほしい」/東京マラソン

24年東京マラソンで36位でフィニッシュした服部勇馬

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前)

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、男子はベンソン・キプルト(ケニア)が世界歴代5位の2時間2分16秒で優勝。東京五輪代表の服部勇馬(トヨタ自動車)は2時間14分03秒の36位でフィニッシュした。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会に向けては、チームメイトのビダン・カロキとともに1ヵ月半のケニア合宿を敢行し、「なんか自信があった」という状態まで仕上げてきた。

「給水で優位に立って、そこで休む。後手後手にならず、グループを支配する」というイメージで臨んだ前半は、「非常にいい流れだった」と振り返る。

だが、20kmの給水で「結構がんばって取りにいったうえに、取れなかった」ことで、「焦りが出てしまいました」。精神面の揺らぎが身体にも影響した。「脚がきつくなってしまった。動揺するというのは、まだまだ力がない証拠なんですけど」と苦笑いが浮かぶ。

後半は「長かった。もうやめたい」とすら思ったが、フィニッシュしてみると改めて「またチャレンジしたいな」という思いが芽生える。「離れてから、30kmまでに1回立て直すことができた」収穫もあった。

広告の下にコンテンツが続きます

東京五輪以降、ケガなどで紆余曲折あった道のりと同じようなマラソンとなったが、「苦しい時間ばかりだったけど、走ることに対しての楽しさは芽生えてきています」と服部。東京五輪で「一緒に戦った」大迫傑(Nike)、一山麻緒(資生堂)を含むパリ五輪代表に「国を代表して戦うということは大変だと思うけど、誇りを持って走ってもらえたら」とエールを送りつつ、自身も「頑張ります」と力強い言葉を残した。

◇東京マラソン2024(3月3日/東京・東京都庁~東京駅前) アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われ、男子はベンソン・キプルト(ケニア)が世界歴代5位の2時間2分16秒で優勝。東京五輪代表の服部勇馬(トヨタ自動車)は2時間14分03秒の36位でフィニッシュした。 今大会に向けては、チームメイトのビダン・カロキとともに1ヵ月半のケニア合宿を敢行し、「なんか自信があった」という状態まで仕上げてきた。 「給水で優位に立って、そこで休む。後手後手にならず、グループを支配する」というイメージで臨んだ前半は、「非常にいい流れだった」と振り返る。 だが、20kmの給水で「結構がんばって取りにいったうえに、取れなかった」ことで、「焦りが出てしまいました」。精神面の揺らぎが身体にも影響した。「脚がきつくなってしまった。動揺するというのは、まだまだ力がない証拠なんですけど」と苦笑いが浮かぶ。 後半は「長かった。もうやめたい」とすら思ったが、フィニッシュしてみると改めて「またチャレンジしたいな」という思いが芽生える。「離れてから、30kmまでに1回立て直すことができた」収穫もあった。 東京五輪以降、ケガなどで紆余曲折あった道のりと同じようなマラソンとなったが、「苦しい時間ばかりだったけど、走ることに対しての楽しさは芽生えてきています」と服部。東京五輪で「一緒に戦った」大迫傑(Nike)、一山麻緒(資生堂)を含むパリ五輪代表に「国を代表して戦うということは大変だと思うけど、誇りを持って走ってもらえたら」とエールを送りつつ、自身も「頑張ります」と力強い言葉を残した。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top