HOME 国内

2024.02.02

髙橋ひなが現役復帰!「全てを注いだと胸を張って」800m中学記録保持者 新日本住設女子駅伝部へ
髙橋ひなが現役復帰!「全てを注いだと胸を張って」800m中学記録保持者 新日本住設女子駅伝部へ

髙橋ひな(中央)と後輩の田中希実、後藤夢のスリーショット

女子中距離で中学、高校と日本一を経験してきた髙橋ひなが、現役復帰することがわかった。自身のSNSで心境を綴り、チームの関係者への取材で明らかになった。

髙橋は兵庫県出身の25歳。小学生時代から800mで当時の最高記録である2分17秒28をマークした。山陽中時代には1年時から全中800m5位に入ると、2年は800m優勝、1500m3位、3年は2冠を達成。秋の国体で今も中学記録として残る2分07秒19を独走で叩き出した。

広告の下にコンテンツが続きます

西脇工高に進学すると、1年目にしてインターハイ800m優勝。2年時はタイトルから遠ざかったが、3年時には見事に復活を遂げ、1500mで4分15秒82(高校歴代5位)でインターハイを制した。2位の田中希実(現・New Balance)、3位の後藤夢(現・ユニクロ)と同校メダル独占。後に日本代表となる2人にとって、同じ兵庫の偉大な先輩でありあこがれの存在でもある。

卒業後は早大に進学し、クラブチームで競技を継続。横田真人コーチらの指導を受けたが、環境の変化などもあり結果を残せず、2020年秋を最後に本格的なレースからは遠ざかった。その後は横田氏が代表を務める合同会社TWOLAPSの社員として、大会運営などに携わっていた。

髙橋はSNSで「背中を押してくれた」横田氏と、「約3年のブランクがあるなか受け入れてくれた」新日本住設グループに感謝を述べ、「3年を経てようやく競技生活を再スタートさせる決意が固まった」と綴る。

その間、裏方として陸上競技と関わり「当たり前だと思っていた大会も、当たり前だと思えるくらい作り手が努力している」ことを実感。また「ファンや応援してくれる皆様を身近に感じることができた」という。

広告の下にコンテンツが続きます

今後は地元・兵庫に戻り、新日本住設の運営会社の経営するピラティススタジオのインストラクターとして活動しながら競技を続ける。

目標について「ずっと掲げてきた五輪出場」と「陸上競技に全てを注いだと(現役生活が)終わる時に胸を張って言えること」と髙橋。少し遠回りだったかもしれないが、それが自身にとっての近道にする力を持っているはず。誰もがあこがれ、魅了されたトラックの女王が、いよいよ舞台に戻ってくる。

新日本住設グループは兵庫県に本社を置き、太陽光パネルの設置や住宅設備機器の販売などを手がけている建設企業。スポーツ支援にも力を入れており、東京パラリンピック女子走幅跳(義足T63)代表の前川楓や、走幅跳・短距離の遠藤泰司が所属しているほか、パラアスリートの山本篤が所属契約を結んでいる。女子駅伝チームは23年に活動をスタート。男子砲丸投元日本記録保持者の山田壮太郎氏がゼネラルマネージャーに就任している。

女子中距離で中学、高校と日本一を経験してきた髙橋ひなが、現役復帰することがわかった。自身のSNSで心境を綴り、チームの関係者への取材で明らかになった。 髙橋は兵庫県出身の25歳。小学生時代から800mで当時の最高記録である2分17秒28をマークした。山陽中時代には1年時から全中800m5位に入ると、2年は800m優勝、1500m3位、3年は2冠を達成。秋の国体で今も中学記録として残る2分07秒19を独走で叩き出した。 西脇工高に進学すると、1年目にしてインターハイ800m優勝。2年時はタイトルから遠ざかったが、3年時には見事に復活を遂げ、1500mで4分15秒82(高校歴代5位)でインターハイを制した。2位の田中希実(現・New Balance)、3位の後藤夢(現・ユニクロ)と同校メダル独占。後に日本代表となる2人にとって、同じ兵庫の偉大な先輩でありあこがれの存在でもある。 卒業後は早大に進学し、クラブチームで競技を継続。横田真人コーチらの指導を受けたが、環境の変化などもあり結果を残せず、2020年秋を最後に本格的なレースからは遠ざかった。その後は横田氏が代表を務める合同会社TWOLAPSの社員として、大会運営などに携わっていた。 髙橋はSNSで「背中を押してくれた」横田氏と、「約3年のブランクがあるなか受け入れてくれた」新日本住設グループに感謝を述べ、「3年を経てようやく競技生活を再スタートさせる決意が固まった」と綴る。 その間、裏方として陸上競技と関わり「当たり前だと思っていた大会も、当たり前だと思えるくらい作り手が努力している」ことを実感。また「ファンや応援してくれる皆様を身近に感じることができた」という。 今後は地元・兵庫に戻り、新日本住設の運営会社の経営するピラティススタジオのインストラクターとして活動しながら競技を続ける。 目標について「ずっと掲げてきた五輪出場」と「陸上競技に全てを注いだと(現役生活が)終わる時に胸を張って言えること」と髙橋。少し遠回りだったかもしれないが、それが自身にとっての近道にする力を持っているはず。誰もがあこがれ、魅了されたトラックの女王が、いよいよ舞台に戻ってくる。 新日本住設グループは兵庫県に本社を置き、太陽光パネルの設置や住宅設備機器の販売などを手がけている建設企業。スポーツ支援にも力を入れており、東京パラリンピック女子走幅跳(義足T63)代表の前川楓や、走幅跳・短距離の遠藤泰司が所属しているほか、パラアスリートの山本篤が所属契約を結んでいる。女子駅伝チームは23年に活動をスタート。男子砲丸投元日本記録保持者の山田壮太郎氏がゼネラルマネージャーに就任している。

髙橋ひなが現役復帰を報告!決意や思いをつづる

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.28

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~国士大~山本雷我「主将の走りができた」生駒直幸「チームを統率していく」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

2024.02.28

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第42回「スポーツの世界における“矛と盾”~切磋琢磨の末に生まれる新時代の息吹~」 矛盾という […]

NEWS 「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

2024.02.28

「愛情たっぷりの宮古島大学駅伝に行って来ました!」”元祖駅伝好きアイドル”西村菜那子の陸上日記特別編

みなさんこんにちは! 西村菜那子です。月陸Onlineさんでは以前連載コラムを担当させていただいました。コラムを書かせていただくのは、なんと2021年の9月ぶり。約2年半ぶりに担当させていただきます! 2月11日に、宮古 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

2024.02.28

【高校生FOCUS】男子中距離・落合晃(滋賀学園高)800mで世界を目指す

FOCUS! 高校生INTERVIEW 落合 晃  Ochiai Ko 滋賀学園高2滋賀 注目高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は、男子中距離の落合晃選手(滋賀学園高2年滋賀)です。昨年のインターハイ8 […]

NEWS 日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

2024.02.28

日本男子長距離界のホープも絶賛! アシックスのレーシングシューズ「METASPEED」がさらに進化

アシックスは、トップアスリート向けの新レーシングシューズ「METASPEED」シリーズの最新作「METASPEED SKY PARIS」、「METASPEED EDGE PARIS」を発表した。 28日、都内で行われたメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top