月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】大学駅伝クローズアップ/帝京大のルーキー・小野隆一朗の夏


 まもなく始まる大学駅伝シーズン。今回は、夏合宿取材の中から帝京大をクローズアップ。なかでも期待のルーキー、小野隆一朗に迫った。

高所練習で苦戦も伸びしろ

 帝京大の夏は、例年であれば選抜合宿の万座高原(群馬)から始まるが、今年の夏は妙高高原(新潟)での全体合宿が先にあった。新型コロナ禍による各自練習の期間が6月下旬まで続いたため、妙高で現況を把握してから万座合宿のメンバーを選抜しようという意図からだった。

 そして、妙高では、小野隆一朗、西脇翔太、末次海斗の1年生3人が、しっかりアピールし、万座合宿のメンバーに選出された。

 なかでも、小野は今季の注目選手だ。昨年末の全国高校駅伝ではエース区間の1区(10㎞)を担い区間4位と好走。タイムも日本人歴代5位となる28分55秒の好記録をマークしている。育成型のチームにあって、即戦力としても期待が懸かる。

 自主練習期間だった今季の前半は故障もあったが、7月に学内で行われた5000mタイムトライアルでは14分30秒で走れるほど復調し、妙高合宿も「ほぼ完璧」(中野孝行監督)にこなして、堂々と18人の選抜メンバーを勝ち取った(万座合宿には例年は20人+数人が選抜されるが、今夏は新型コロナウイルス感染予防のため、18人のみの参加だった)。

 しかし、期待のルーキーであっても、標高1800~2000mの高所で行われる万座合宿では苦戦した。

「高校の時を含めても高地でのトレーニングは初めて。想像していた通り、きつかったですね」

 小野はそんな言葉を口にする。万座合宿2日目にあった20km走は、表情をあまり変えることなく、難なくこなしていたようにも思えたのだが……。実は、高所順化がなかなかうまくいかなかった。

 標高1800~2000mの高所は、海抜0mと比較すると、酸素濃度が約80%となる。酸素が薄い環境下でのトレーニングに初めて臨むとあって、苦戦するのは当然だが、小野は、万座合宿中に息苦しさを訴え、病院に駆け込んだこともあった。標高800mまで下り、病院に着いた時には呼吸も楽になり、事なきを得たという。

「選抜合宿のメンバーに選ばれているという自覚をもって、練習を作っていくのは当たり前。どれだけ質の高い練習ができるかだと思います」と小野は話していたが、結局、万座合宿での小野の消化具合は「6~7割」ほどにとどまった。
 
 ただ、苦戦する中にも、中野監督は、小野の新たな魅力を見出した。

「苦しくても、追い込める選手、リミッターを解除できる選手なんだということがわかりました。精神力の強さを感じました。よく考えてみれば、私も、現役の時に初めて高地に行った時には全く走れませんでした。小野もこれまで高所でのトレーニングをやったことがなかったのだから、逆に、これを伸びしろと考えることもできます」

 小野にとってはほろ苦さも味わったが、万座合宿は、さらにレベルアップする機会にもなっただろう。

食事で笑顔を見せる小野。合宿は大きな経験となったようだ

士別合宿は「パーフェクト」

 9月初旬にあった士別合宿(北海道)では、小野は元気な姿を見せた。普通の1年生であれば、夏の疲れが出始める頃だ。実際に、西脇と末次は士別合宿でも選抜メンバーに名を連ねたが、合宿終盤には練習量を落としていた。

 一方で小野は、30㎞走も走りきるなど、士別合宿の消化具合は「パーフェクトに近かった」(中野監督)。

 この士別合宿の仕上げには、5000m×5本(レストは5分)という練習があるのだが、小野は、①15分14秒、②15分19秒、③15分12秒、④14分49秒(※4本目は、残り2000mからフリー)で走り、なかなかの仕上がり具合を見せている。

「西村(知修)が1年生だった時よりも、小野のほうが内容は良い」と中野監督は、自身が初めて指揮を執った箱根駅伝本戦で、ルーキーながら7区3位と好走した西村を引き合いに出し、小野を高く評価している。

 ちなみに、西村が1年生だった13年前も同様の練習を士別で行っているが、西村のタイムは、①15分21秒、②15分22秒、③15分14秒、④15分23秒だった。当時の練習はレストが3分と短かったので単純な比較はできないが、小野は4本とも西村のタイムを上回っている。こんなところからも、並のルーキーではないことが伺える。ロードで実績のある選手だけに、いやがうえにも、1年目から駅伝での活躍が期待される。

 もちろん小野自身もその気だ。

「駅伝に出場するのは大前提。ずっとテレビの中だけの世界だったんですけど、これからは自分が走るかもしれない舞台でもある。そこに合わせられるように頑張っていきたい」と活躍を誓っている。

駅伝出場に意欲を示す小野

層の厚い帝京大のキーマンになれるか

 だが、そんな期待のルーキーであっても、今季の帝京大でレギュラーの座を勝ち取るのはそんなに簡単ではない。それほど上級生の壁は厚い。

 星岳、小野寺悠、鳥飼悠生といった前回の箱根駅伝で活躍した4年生は自主練習期間から好調で、この夏もチームを牽引してきた。

 さらに、前期はなかなか調子が上がらず、万座合宿は不参加だった遠藤大地(3年)が、士別合宿では選抜メンバーに復帰。「パーフェクトにこなし、ようやくエンジンがかかってきた」(中野監督)。また、谷村龍生(4年)や橋本尚斗(3年)ら大学駅伝経験者に加え、森田瑛介、安村晴樹(ともに3年)といった新たな戦力も台頭してきた。

 士別合宿の最後の仕上げの5000m×4本で小野が好タイムで走ったと書いたが、その小野をもってしても、最後の1本は実はチーム内順位では13番目だった。「足並みがようやくそろってきた」と中野監督が言うように、小野が悪いわけではなく、上級生が良すぎたのだ。星、小野寺、遠藤ら8人は、3本目も14分台(14分55秒)で走り、4本目はさらに14分36秒にまでタイムを上げるなど、かなりハイレベルだった。

 もちろん1回の練習だけでチーム内での力関係を測れるわけではない。だが、ルーキーの下からの突き上げが、チーム内のメンバー争いをいっそう激化させているのは間違いない。“リミッターを解除できる選手”と中野監督が評価するように、小野は本番で力を発揮できる選手だ。全日本大学駅伝、箱根駅伝で正選手の座をつかむことができれば、それぞれ4位以内、3位以内という目標を成し遂げるのに、キーマンになってきそうだ。

選手層の厚い帝京大。大学駅伝での戦いぶりに注目だ

文・写真/西村康



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com