月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【混成】七種・山﨑有紀が5799点で3連覇 ヘンプヒルは故障で順位落とす/日本選手権混成


七種競技で優勝した山﨑、2位大玉、3位藤本

9月26、27日に長野市で行われた日本選手権・混成競技、女子七種競技は山﨑有紀(スズキAC)が自己4番目の5799点で大会3連覇を飾った。山﨑は初日を2位で折り返すと、2日目は走幅跳で2年ぶりの自己新となる6m05(+1.6)を跳ぶと、やり投で47m60、800mも独走でフィニッシュした。

「勝ち切れたことはうれしいです」と山﨑。たら・ればとなるが、走高跳で自己記録1m70前後を跳べば5900点を超え、日本記録に近づく記録だっただけに「終わってみると、もったいなかったな」と苦笑い。それでも、「ホテルに帰ってからも、(走高跳の失敗は)相当へこみましたが、切り替えられた」と持ちこたえたことが収穫。あらためて「そこが混成競技の難しさ」とも。今季は接地から意識を変えてドリルなどに取り組み、「全体的にパワーアップしている感じがあります」と山﨑。来季に向けて「試合で力を発揮できるようにメンタル面も鍛えていきたい」と離した。

2位は5358点をマークした大玉華鈴(日体大)。「今年は1種目ずつでいい記録が出せていますが、全体そろえるのが難しい。来年は学生記録(5907点)を更新するつもりで練習していきます」と語った。3位に5218点で藤本瑠奈(金沢星稜大)が入った。

初日をトップで折り返し、日本新ペースで進めたヘンプヒル恵(アトレ)は、やり投の1回目で右膝を痛め、800mもスタートラインに立ったものの途中でトラックを離れた。総合では4705点で14位。最後は笑顔で写真撮影に収まった。また強くなって戻ってくることだろう。

U20混成の七種競技は伊藤桃子(東京学芸大)が4943点で優勝。「全種目、普通かそれ以下だった」と課題はあったようだが、「日本一を目標にしていたのでうれしいです」と笑顔がはじけた。

■日本選手権 七種競技上位成績
1 山﨑有紀(スズキAC) 5799点
13秒95ー1m58ー12m13ー24秒81ー6m05ー47m60ー2分18秒11
2 大玉華鈴(日体大) 5358点
3 藤本瑠奈(金沢星稜大) 5218点



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com